検索ボタン
TOP > 賃貸  > 空室対策の改善法4選!入居を決めるには

空室対策の改善法4選!入居を決めるには

このエントリーをはてなブックマークに追加
空室対策の改善法4選!入居を決めるには


賃貸経営に欠かせない空室対策とは

賃貸管理を行っている不動産会社が頭を悩ませているのが物件の空室です。長い間入居者が決まらないものや決まってもすぐに退去されてしまうものなど、どうにか対策を打って空室をなくし、退去後すぐに次の入居者が決まるようにしたいものです。今回は、空室が多い物件の特徴とその改善方法についてご紹介します。


〈目次〉


空室が多い賃貸物件の特徴
ー清掃が行き届いていない
ーリフォームがなされていない、リフォームされるまでの期間が長い
ー人気の設備がついていない
ープロモーションに力を入れる
空室が多い賃貸物件の改善方法
ー物件をきれいな状態に保つ
ーリフォームを行う、退去前からリフォームの計画を立てる
ー人気の設備を取り付ける
ープロモーションに力を入れる
まとめ


空室が多い賃貸物件の特徴



清掃が行き届いていない


空室が多い物件の特徴として、まず清掃が行き届いていないということが挙げられます。

これは当たり前のことですが、汚れているところにわざわざ住みたいと思う人はほぼいないでしょう。


例えば、外壁がボロボロであったり、共用部にゴミがあったりなど見た目が悪いと入居希望者はきませんし、既存の入居者にも早期に退去されてしまうことになります。

それによって空室が多くなり空室期間が長くなると、部屋も次第に汚れていき、また入居者が遠のくという悪い流れができてしまうのです。



リフォームがなされていない、リフォームされるまでの期間が長い


次に、リフォームがなされていない、リフォームされるまでの期間が長いというものです。

一般的には、退去があった後の原状回復をする際にリフォームをするかしないか考えると思います。

汚い物件同様、古臭い部屋に住みたい人も少ないでしょう。

古い部屋は入居者が決まりづらいので、空室対策と同時に賃料アップのためにもタイミングを見計ってリフォームする必要があります。


しかし、お金がかかるため渋るオーナーも多く、リフォームがなされないことが多いのです。

また、リフォームを計画したとしてもその進行が遅いというのも問題です。

退去してから間を空けて工事が進むことも多く、そうなると空室が重なり部屋が決まりづらくなります。



人気の設備がついていない


人気の設備がついていないということも空室が多くなる原因です。

条件で物件を絞る際は、設備、間取り、立地、金額と様々ありますが、その中でも設備は特に重要となります。

女性であれば温水洗浄暖房便座でなければほぼ決まりませんし、最近はWiFiが備え付けられているかどうかを物件に求める一番の条件とする人もいます。

そういった人気の設備がついていなければ、検索の時点で候補から外れてしまうことになるので、空室になりやすいです。



プロモーションに力を入れる


最後に、物件のプロモーションが弱いという事です。

どんなに良い物件だとしても物件写真が暗かったり、物件紹介文が雑であったりすると物件の魅力が伝わらず反響につながりません。

物件の魅力をお部屋を探しているお客様に正しく伝えることができなければ、空室のままなのも当然となります。


空室が多い賃貸物件の改善方法

空室を埋める方法としては、上記の特徴をなくすよう務めることが一番効率的です。

では、空室物件に見られるそれぞれの特徴の改善法を紹介します。



物件をきれいな状態に保つ


物件をきれいにするという事は、当たり前のようですが意外と疎かになりがちです。

内見が急に決まる場合もあるので、物件の外観だけでなく部屋の清掃も定期的に行う必要があります。

自転車置き場やゴミ置き場特に目につくところなので注意しておきましょう。



リフォームを行う、退去前からリフォームの計画を立てる


リフォームを行うためにオーナーに提案する必要があります。

その際には、リフォームにかかる費用と予想される入室率や家賃等をしっかり説明しなければなりません。

伝えるポイントは「このままでは空室は改善されない」ということと「リフォームによってどれくらい利益が出るか」です。

また、リフォームの計画を退去前から決めておくことで、退去後すぐにリフォームに取り掛かることができます。

そうすることでタイミングを逃さず、入居者募集ができます。



人気の設備を取り付ける


人気の設備を理解し、それを取り付ける事で空室はかなり改善されます。

その際もオーナーの負担になってしまうので、どういった設備が必要とされているのかを説明し、入居者のターゲットに沿った設備を提案することが重要です。



プロモーションに力を入れる


物件の魅力を伝えるためにはプロモーションに力を入れなければなりません。

具体的には、物件写真をきれいなものに変えてそれを最大枚数掲載する物件紹介の文をお客様目線でできるだけ細かく書く、今話題の360°パノラマ画像で部屋を紹介するなどがあります。

物件の強みを理解しターゲットに伝わるような工夫をしましょう。


まとめ

空室改善は不動産管理業の最大の課題です。

昨今は人口減少で空室率も年々高まってきているので空室改善は急務の問題です。

物件のオーナーとも相談し、どうすれば空室が埋まるのかを考え、行動していくことが必要となってきます。





おすすめ記事