検索ボタン
TOP > 不動産テック  > 【保存版】不動産物件写真撮影テクニック

【保存版】不動産物件写真撮影テクニック

様向けのコンテンツとなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
【保存版】不動産物件写真撮影テクニック

近年、お部屋探しのユーザーはインターネットである程度候補を決めている傾向にあります。

画像による視覚的情報は記憶に残りやすいため、画像をより良く魅せるための工夫が必要です。


魅力的な物件写真を撮影するためには、いくつかのポイントがありますのでご紹介します。


<目次>
物件撮影のポイント
 物件の外観をより良く魅せる
 室内にバーチャル家具を配置
 部屋の角から撮影し、広く見せる
物件撮影のポイントをマニュアル化
魅力的な物件撮影に欠かせないアプリ
まとめ


物件撮影のポイント

様々な物件検索サイトを見て物件を探すお客様に対し、物件の良さを適切に伝えるために、第一印象を決める「写真」は非常に重要です。


物件の外観をより良く魅せる

募集物件をより良くみせる必要性 

AとB、どちらの物件をより詳細に見てみたい、住んでみたいと思いますか。

大半の人がBを選ぶかと思います。

このように魅力的な写真を掲載することによって、ユーザーの興味をひくことができます。


まず、撮影の条件やタイミングはいつもベストだとは限りません。

建物が影掛かったり、曇り空だったり、建物が小さく写ってしまったりと様々です。

そのような場合は、中央に映るようにトリミングしたり、歪みや影などを調整します。

写真の中で多くの割合を占める空も、第一印象を左右する大事な部分なので、自然に近い空となるよう調整します。


また、昔に撮影した物件は画像が粗かったり、画像サイズが小さいものもあるので、掲載画像をパトロールし、画像の質を保つように努めます。


室内にバーチャル家具を配置

撮影写真に、家具や生活雑貨などをバーチャルで配置することを「フォトステージング」と呼びます。

実際に、住んだ後の生活のイメージをしやすくする画像加工です。

ステージングをより良く見せる 

「住んでみたいな」と思わせるにはとても効果的な反面、配置する家具の置き方には注意点があります。

住んだ時のイメージを手助けするものなので、生活感を意識した家具の配置を心がける必要があります。


例えば、収納や出入口の扉を開閉する際、邪魔にならない位置にキャビネットを配置したり、部屋に似合う大きさのベットやテーブルを配置します。


キャンドルや刃物、騒音問題に繋がりかねない楽器など、配置を避けるアイテムもあります。


部屋の角から撮影、広く見せる

家具の配置の他にも、撮影する三脚の位置取りも重要になります。

基本の位置取りは、メインとなる部屋を広く見せられる位置、部屋の角から撮影します。


撮影する際に使用している物件撮影アプリ「ノダルビュー」の特徴を活かすためにも窓に向かって三脚を配置します。

ノダルビューは窓の外の景色も白飛びせず、室内外を高画質に撮影することができます。


また、先ほどお伝えしたように、収納や出入り口など扉の邪魔になる場所には家具を配置することができませんので、このような場所も撮影位置の候補となります。

TVジャック、掃き出し窓、隣接する部屋などを意識して家具を配置していく中で窓を向いた方向で、より多くの家具を見せられる写真にステージングを行います。


撮影のポイントを共有 

例えば、上記の写真のような部屋の場合、Aの位置から撮影すると収納や出入り口が写っており、フィトステージングをするとしたら、写真の手前部分にローテーブルやラグ、クッションくらいしか見せることができません。


一方で、Bの位置から撮影するとベットや植物もバランスよく見せることが出来る上、外の景色も綺麗に見せることが出来るのでフォトステには最適な位置となります。


物件撮影のポイントをマニュアル化

撮影画像をより良く魅せるにはいくつかのノウハウがあります。


誰が撮影しても同じ仕上がりになるように

・アングル

・構図に対する建物の大きさ

・三脚を置く最適な場所

・掲載に必要な撮影枚数

など撮影のポイントをマニュアル化し、ノウハウの共有を行います。

共有することによって、新規募集物件の掲載日に撮り直すこともなくなります。


魅力的な物件撮影に欠かせないアプリ

▼まずはこちらを体感してください!▼

画像をクリックでNodal viewが体感できます!!

電気がなくてもここまではっきりと撮影できる

 

不動産会社の反響を60倍にした物件撮影ツール。25,000社以上の利用実績を誇る、世界最大規模の写真撮影&バーチャル内見システム。



まずはこの資料から!

反響を増やしたい不動産営業マンにおすすめ!

賃貸物件の集客を60倍にした物件撮影アプリ


※フォーム送信完了画面に、資料のDLリンクを貼付しておりますので、必ずダウンロードください。

事前の告知なくダウンロード期間が終了する可能性がございます。

気になる方はお早めに資料のダウンロードをお願いします!



圧倒的に美しいバーチャル体験が可能圧倒的な美しさ


まとめ

募集物件を魅力的に見せることによって、お部屋探しのユーザーからの反響を増やし、成約率を増やすことによって、管理物件を満室にすることを目指しています。

また、業務ノウハウを共有することによって、業務の効率化を図り、楽しく仕事をできることを目指しています。


〈参考〉

TATSUJIN journal:反響が増える!不動産広告には欠かせない物件撮影テクニック

TATSUJIN journal:反響アップを簡単に実現する物件写真撮影アプリ「Nodal view」を紹介!


-----------------------------------------------------------
不動産テックのTATSUJIN JOURNALでは、最新の不動産トレンド、不動産テック、賃貸仲介・売買の業務改善事例、セミナー情報などお役に立つ情報を日々発信しています!

入居者ニーズの変化や新型コロナウイルス感染拡大などによって、時代の変化に応じた取組みが今まで以上に必要となってきました。

そこで、賃貸管理会社の皆様のお悩み、課題を安心安全な状態で解決するために、毎日オンラインセミナーを開催し、最新の情報をご提供しております。

その他、賃貸管理会社の皆様にお役に立てる情報をメルマガ・LINEにて配信しております。

こちらもぜひご登録お願いいたします!
-----------------------------------------------------------



資料請求


この先を読むには会員登録が必要です

会員プラン詳細はこちら

おすすめ記事