検索ボタン
TOP > 不動産業界トレンド  > 選ばれる不動産会社になるために?消費者が見極めている8つのポイント!

選ばれる不動産会社になるために?消費者が見極めている8つのポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
選ばれる不動産会社になるために?消費者が見極めている8つのポイント!

消費者から選ばれる不動産会社になりたい!

消費者が不動産会社を選ぶ時はどんな事をポイントにしているの?


時代として、人口減少と地域過疎化が今後も進み、不動産会社の経営が難しくなっていくと言われています。

そんな中、会社が生き残っていくためには、消費者から選ばれる不動産会社にある必要があります。


消費者はどんな見極めと目線で、何をポイントに不動産会社を「選ぶ」のでしょう。

「選ばれるポイント」を8つに絞って解説していきます!


<目次>
不動産会社が消費者から選ばれる8つのポイント
 ①担当の営業マンに信頼を持てる
 ②豊富な物件があり提案力がある
 ③会社への信頼を持てる
 ④地域に密着していて暮らしの情報を的確にもらえる
 ⑤店舗までのアクセスが良く年中無休である
 ⑥管理と仲介の両方を担っている会社である
 ⑦ワンストップサービスでアフターフォローからサポート体制までが充実
 ⑧デザイン力がありオシャレで最先端である
まとめ


不動産会社が消費者から選ばれる8つのポイント

全国にはたくさんの不動産会社がありますが、これからは消費者が減っていく時代。

人口減少や地域過疎化により、この先不動産会社の経営が難しくなっていくと言われています。

不動産会社が「選ばれる会社」になるための、消費者目線の「8つのポイント」を解説していきます。


①担当の営業マンに信頼を持てる

「営業マンが選ばれる」事が、「会社が選ばれた」と言っても過言ではないでしょう。

好みの物件にお客様が出会うまでは営業マンの力にかかっていて、物件に出会った後も営業マンとの信頼関係がなければ契約までに至りません。

ここで、営業マンが信頼を持って「選ばれる」ためのポイントを挙げていきます。

・人柄や感じが良く、ストレスなく頼れる雰囲気がある。

・清潔感があり真面目そうで信頼できる。

・丁寧にしっかり希望や要望を聞いてくれる。気兼ねなく質問もしやすい。

・レスポンスが早く、自分のことを優先して対応してくれている気がする。

・提案力があり、みっちり熱心に対応してくれる。

・内見の同行の際にマナーがしっかりしていて気持ちが良く、おしゃべりも弾む。

・プラスαの提案や、的確なアドバイスをもらえる。

・正直で嘘がなく約束をしっかり守ってくれる。いい加減な事や調子のいい事を言わない。

・土地勘があり、地域の事をしっかり教えてくれる。(校区や公共機関までのアクセス、近隣のお店など)

・サポート力があり手取り足取りフォローしてくれると感じる。


これらのポイントは、欠かして良いものは一つもなく、全てが不動産営業における「営業力」となります。

この営業力を持ち合わせている事が「選ばれる」営業マンと言えるでしょう。




②豊富な物件があり提案力がある

管理物件や所有物件を数多く所有している事も、大切なポイントです。

そのためにはオーナー様からも選ばれる不動産会社である必要があります。

そして、その豊富な物件の中から、的確にお客様の要望に合わせた物件を紹介・提案できるシステムやノウハウが大切です。

所有物件や仲介件数の多い不動産会社が信頼されるのはお客様の心理でしょうし、消費者が不動産会社を選ぶ見極めのポイントになります。


▶︎オーナー様から選ばれる不動産会社であるためにオススメの不動産テック

全国的な空室率の増加、賃貸住宅の過剰供給、空き家問題など、不動産市況はさまざまな問題にさらされています。

賃貸物件のオーナーで空室率の悪化に悩まれている方が数多くいらっしゃいます。

この空室を的確に、より効率的に満室にする管理会社はオーナー様に選ばれる不動産会社になります。



③会社への信頼を持てる

会社が選ばれると言うことは、会社が信頼されていると言うことになります。

例えば①でお伝えしたように、どんなに営業マンが優秀でも、消費者からの見極めで、会社そのものに信頼が置けないようでは選ばれる不動産会社にはなれません。

では会社への信頼はどのようにして得ていく事ができるのでしょうか。

・問い合わせ時の対応が良い

・正確な情報をきちんともらえる

・物件の売買や仲介の専門家の能力が高く知識に長けている

・トラブル対応の実績があり、会社としての対応がしっかりしている

・評判や口コミがいい

・広告や宣伝や看板をよく見る

・会社が綺麗で、全ての社員の対応に信頼と安心を持てる

・免許や標識・表示がしっかり提示してある

・レスポンスがしっかりしている。正直で嘘がない会社。


意外にも抜け落ちている事はないでしょうか。

消費者からの視点と、消費者の見極めポイントを重視した経営が、これまで以上に求められる時代になっていきます。



④地域に密着していて暮らしの情報を的確にもらえる

不動産会社には大きく分けて大手不動産会社と、地域密着型の不動産会社があります。お客様がどちらを選ぶかは、お客様ご自身の選択になりますが、どちらにもそれぞれのメリットとデメリットがあると言えるでしょう。

その上で、いずれの規模やスタイルの会社だとしても、その地域に密着した情報を的確にもらえる事は、消費者にとってとても大切なポイントになります。

例えば

・子供を通わせる校区の事が的確に把握されている

・公共交通機関へのアクセスについて的確な情報をもらえる

・近隣のスーパーやコンビニなど便利な場所を知っている。

・子供が小さければ、遊び場所や安全な地域かなどを教えてもらえる。

・病院や施設などの情報ももらえる。

・美味しいお店や、オススメスポットなどを教えてもらえる。

・車での生活か、自転車を使うか、徒歩の生活になるかと言う視点でアドバイスがある。

・ご近所に住む人が、安心できるご近所付き合いができる人かどうかなど


お客様は、住まいの環境の変化や、新たな生活を目の前にして、地域の情報を的確に受け取れる事は、不動産会社を選ぶ上でとても必要とされています。


また、少し違う視点になりますが、地域に密着している不動産会社は、大家さん(オーナー様)の個々の特性や性格にも精通しているため、さまざまな交渉事もスムーズに対応してくれると言うメリットもあります。


⑤店舗までのアクセスが良く年中無休である

お客様が不動産会社を選ぶ際に、わかりやすい場所にある、自分の都合に合わせて来店できる事は、大切なポイントです。

インターネット上でアクセス方法がわかりやすい、看板が見やすい、駐車場がある、駅から近い、などの条件が整っているか。

年中無休で営業時間が長いなど、来店しやすい営業スタイルのお店であるかも重要です。


⑥仲介と管理の両方を担っている会社である

消費者が賃貸の物件探しで訪ねる不動産会社は、物件を紹介する業務を行う仲介会社に分類されます。

不動産会社には、これ以外に入居者の管理や設備のメンテナンスを担当する管理会社があり、両方の業務を扱う会社は仲介管理会社とも呼ばれます。

このように仲介も管理も行っている会社は、日ごろの建物の管理を通じて設備関係に詳しいことが期待できます。

また、設備関係のトラブルが起きたとき、連絡がとれない大家さんの代わりに対応してくれるのもメリットです。

不動産の物件探しに慣れたお客様の中には、このように両方を担っている会社を選択されるケースは多いですし、暮らし始めてから、管理も一括された会社を選んだメリットを感じて、リピーターとなる可能性も高くなり、紹介もいただけるようになります。


⑦ワンストップサービスでアフターフォローからサポート体制までが充実

不動産会社におけるワンストップサービスを受ける事は、消費者から見た場合、一つの窓口で対応してもらえると言う大きなメリットがあります。

消費者という立場も、不動産会社と関わる方には賃貸物件の契約の場合と物件の購入の場合とに分けられますが、賃貸物件のお客様の場合は、物件の紹介から契約までのプロセスはもちろんの事、入居後の管理からメンテナンスなどのフォローアップ、また退去時の相談や手続き、新たな物件の相談と全てシーンに於いて信頼できる一つの会社に任せられる事は、大きな安心となるでしょう。

また、物件を購入する消費者にとっては、物件探しの段階から契約までの間でも、リフォームの相談・施工仕上がり、ローン・保険の内容まで、期待以上のサービスを受けられる事で、ワンストップサービスを提供する不動産会社に出会えた事のメリットを強く感じるでしょう。

ワンストップサービスは、消費者が1つの不動産会社のみと交渉すればよいため、とても利便性が高いサービスです。引越しという大きな節目をトータルにサポートできることによって、そのサービスの良さを体感したお客様からは、リピートやご紹介顧客をいただける事にも繋がります。

近年では、売買・賃貸の仲介を中心として、ワンストップサービスのビジネスモデルを展開する不動産会社が増えてきました。
例えば、リフォームにおいては、デザインから設計・施工まですべて一貫して自社で行うという新たなタイプの不動産会社です。デザインの提案のみならず、インテリアや設備の対応まで、幅広く消費者のニーズに応えていく事になります。
不動産会社側にとっては、すべての顧客ニーズに対応することにより、営業機会のロスを減らし、事業間のシナジー効果で、顧客単価もアップするというメリットに繋がります。


▶︎ワンストップサービスの不動産会社を目指すにあたり、オススメの不動産テック

CI(コーポレート・アイデンティティ)を導入することで、企業コンセプト、VISION、行動規範などを言語化し、 企業のアイデンティティを構築、ヴィジュアル化し、企業価値を最大化するサービスです。


▶︎幅広いサービスを提供する総合不動産会社に理念構築された事例「株式会社エステートセンター」。上記の不動産テック「CIジョー」の制作実績より抜粋。

鳥取県鳥取市に本社を置く不動産会社株式会社エステートセンターは、地域に密着しながら、賃貸仲介、テナント仲介、不動産売買、不動産管理、リノベーションなど幅広いサービスを提供する総合不動産会社です。



⑧デザイン力がありオシャレで最先端である

消費者が不動産会社を選ぶにあたっての、大切なポイントに「デザイン力」が挙げられます。

・リノベーションで賃貸を変える

・デザインで物件価値を高める

・デザインで住宅をつくる

・デザインで会社を変える

・デザインで業界・地域を変える

上記の5つの視点を提唱するこちらの書籍は株式会社クラスコが、デザイン力で不動産経営を改善した戦略が紹介されています。参考にしてください。


amazonより参考文献「不動産経営はデザイン力で変わる」:週間住宅新聞社(編集)

創業54年の老舗賃貸管理会社が、全国№1の店舗数を誇るリノベーションブランド企業に進化した戦術のすべて。


▶︎もう一冊オススメの書籍「デザイン経営の実行」amazonより参考文献「デザイン経営の実行 ブランド力、イノベーション力を劇的に向上させる源泉とは何か?」:クラスコグループ代表 小村典弘著

(以下書籍紹介文〜amazonより)昨今、世界的企業であるアップル、ダイソンなどの名だたる企業が
「デザイン経営」を導入することで業績を伸ばしています。
一方で日本企業においては、「デザイン経営」を
導入している企業は約15%とまだ少ない現状です。
(中略)
不動産業界だけではなく、様々な業種、業界で実践できる
「デザイン経営」に関する方法を知り、
読者のビジネスの現場において活用して頂きたいと思います。



まとめ

これからの時代に、消費者から「選ばれる不動産会社」になるために、8つのポイントを消費者の視点から挙げさせていただきました。

今後の経営に活かしてください。



-----------------------------------------------------------
不動産テックのTATSUJIN JOURNALでは、最新の不動産トレンド、不動産テック、賃貸仲介・売買の業務改善事例、セミナー情報などお役に立つ情報を日々発信しています!

入居者ニーズの変化や新型コロナウイルス感染拡大などによって、時代の変化に応じた取組みが今まで以上に必要となってきました。

そこで、賃貸管理会社の皆様のお悩み、課題を安心安全な状態で解決するために、毎日オンラインセミナーを開催し、最新の情報をご提供しております。

その他、賃貸管理会社の皆様にお役に立てる情報をメルマガ・LINEにて配信しております。

こちらもぜひご登録お願いいたします!
-----------------------------------------------------------


資料請求





おすすめ記事