検索ボタン
TOP > 賃貸  > 賃貸管理会社の差別化戦略

賃貸管理会社の差別化戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸管理会社の差別化戦略

賃貸管理会社はライバルがとても多い業界です。

競争激化の賃貸市場で勝ち抜くためには賃貸物件の差別化、新規オーナーの開拓、賃貸物件の契約、ニーズの先取り、認知度を高める必要もあります。

入居者のニーズといえば最新設備が揃っていたり、契約条件が良い、資金がかからない、ことを指します。

また、入居者への認知度を高めるには集客方法の改善が必要です。

集客方法の改善にはWebサイト戦略の見直しが必要になることもあります。

現在は、ポータルサイトからの反響が多くありますが、ポータルサイトに頼りきりでは差別化戦略が必ずしも功を奏するとは言えません。

今回は他社に負けない賃貸管理会社の大手に負けない強みの見つけ方をご紹介します。


<目次>
賃貸管理会社の差別化戦略
 大手賃貸管理会社にはない魅力
 入居者ニーズの先取り
賃貸管理会社が差別化を図るポイント
 不動産webサイトの最適化
 賃貸住宅の付加価値を高める
 不動産マーケティング
 不動産のブランディング
まとめ


賃貸管理会社の差別化戦略

大手賃貸管理会社にはない魅力


大手賃貸管理会社は名前が広く知られており、広いネットワークを持つために物件情報が豊富で安心感もあります。


知名度もあり広く知られていますね。


地元に密着した中小の賃貸管理会社は、知名度は愚か、あまり物件がないのではないか、と不安に思うユーザーもいるかもしれません。


しかし、中小企業は地元だからこそ知るりえる物件、生活に沿った提案方法ができます。


地元に密着した賃貸管理会社だからこそ、土地に詳しかったり様々な情報やネットワークを持っていますので、大手に負けないアピールポイントとなるでしょう。


さらに、地方の賃貸管理会社にはその地域で生まれ、育った社員がいます。


「よい物件の情報を教えてくれる」だけでなく、地域ならではの情報を入れてお客様対応をすることで、担当者の差別化を図ることができます。


入居者ニーズの先取り


空室物件が問題視されている賃貸経営では入居者のニーズに応えることが求められます。


・敷金礼金なし ・保証人なし ・駐車場無料 

・インターネット無料 ・ペット可・追い焚き機能付き 

・オープンキッチン ・メゾネット ・ロフト付き

・ウォークインクローゼット ・リノベーション物件

・サンルーム付き・宅配ボックス


上記のような、契約条件・建物設備・その他の機能においての差別化が行われています。


しかし、このような機能的な差別化は他の競合他社も行っているため、これだけでは差別化は不十分です。


このような時には、提案時に工夫が必要になります。


例えば、年間を通して雨の多い地域であればサンルーム付き物件を薦めやすいですよね。


その地域に住んでいるからこそわかる具体的な数字を出すとより良いでしょう。


特に宅配ボックスはニーズが増えています。


コロナ禍にとる非接触への推奨や、家にいる時間が長くなりネットで買い物をすることが増えたため重宝されています。


賃貸管理会社が差別化を図るポイント

不動産webサイトの最適化


物件を探す上で最も多い検索方法がインターネットです。


多くのお客様はポータルサイトで物件を探しますが、その際に一緒に会社のホームページも目にしています。


物件をポータルサイトで選び、自社HPで会社の選別をしているのです。


折角、物件を気に入ったのに、会社のHPは全く機能されておらず、見にくいとユーザーも「本当に任せていいのだろうか」と不安に陥るでしょう。


多くの人が目にするwebサイトは、見やすく魅力的なコンテンツをにすると、ユーサーの安心感にも繋がります。


賃貸住宅の付加価値を向上


賃貸住宅の付加価値を高めることもポイントです。


これは、他物件との差別化になり、近年非常に人気があります。


具体例としては、


◉シェアハウス型賃貸住宅


近年人気の高まっているシェアハウスで住宅に関しても地域の特性を生かしたデザインや、趣味仲間が集まるようなコンセプト作りが重要です。


音楽仲間が集まるシェアハウス、ゲーム好き仲間が集まるシェアハウスなど、コアなシェアハウス型賃貸住宅も人気が高まっています。


◉徹底した防犯住宅


全国賃貸住宅新聞がまとめた2020年の人気設備ランキングで、「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる設備」として、


・エントランスのオートロック

・ホームセキュリティー

・TVモニター付きインターフォン

・防犯カメラ


などセキュリティ関連の設備が上位にランクインしています。


日本は犯罪の少ない国とはいえ、悪いニュースが絶えなません。


日本人の高い防犯意識がこのランキングから読み取るとこができます。


間取りや仕様は人それぞれですが安心して住める場所というのは共通の条件ですね。


◉デザイナーズ住宅


賃貸住宅は多くのユーザーにヒットするよう、同じようなお部屋が数多く存在します。


同じような素材を使った床材や、壁紙、間取りなどのお部屋は、築年数を立つごとに空室が目立つようになってしまいます。


そんなお部屋の差別化できるのがデザイナーズ住宅です。


デザイナーズ住宅は新築物件に限ることではありません。


築年数の古い物件や、決まらない部屋にはリノベーションを施して、新たな付加価値を与えることができます。


リノベーションを施すことで、まるで新築物件かのような姿に蘇るのです。


元々は築古物件ですので家賃も新築物件に比べてお手頃な場合が多く、借りてがつきやすいと言うメリットがあります。


築古物件をリノベーションし一つ一つのお部屋にコンセプトを設定し、デザインしていくRenottaは全国No1ネットワークの賃貸リノベーションブランドです。


他とは違うRenottaのお部屋を是非覗いてみて下さい。


▶︎Renotta公式HP 

関連記事▶︎人気の賃貸リノベーションデザイン10選


不動産マーケティング


自社の強みを見つけてアピールし、戦略化していくためには他の賃貸管理会社のことを知らなければなりません。


物件エリア、提供サービス、戦略方法などを徹底的に調べ、求められているニーズを解明し、顧客価値を生み出す戦略や仕組みを構築しましょう。


不動産のブランディング


賃貸管理会社が差別化を図るポイントとして自社のブランディングも重要になります。


YouTubeやInstagram、TikTokで誰でも情報を発信することが一般的となった今、不動産の投資ノウハウや、不動産経営の情報は、どこからでも手に入ることができます。


大手不動産会社のように、ブランドが確立されていれば独自のサービスやSNSでの発信で差別化は可能ですが、そうでなければ数多ある物件情報に埋もれてしまいます。


ブランディングとは、会社としてのブランドを確立し、独自の価値を創造し「競合他社との差別化を実現する」経営戦略のことを指しますがもう大手企業だけの戦略ではありません。


・会社をブランド化

・オフィスをブランディング

・サービスをブランド化

・地域、物件をブランディング


ブランディングは企業のビジョンや方向性を決定し、言語化・ビジュアル化することで認知を広めるという効果がありますが、「何に」「どのように」を取り入れていくかが差別化では重要になります。


まとめ

反響で悩んでいる、成約数に繋がらない、オーナーの獲得で悩んでいる賃貸管理会社様は、一度差別化の戦略に取り組んで見で欲しい。


不動産会社にもアピール力が大きく問われる時代がやってきたのかもしれません。


メルマガ登録

資料請求


不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

Renotta(リノッタ)の全てが分かる1冊!


一戸一絵のリノベーションブランドRenotta無料ガイドブックプレゼント中!


Renotta(リノッタ)加盟店成功事例!


無料でもらえる!Renotta(リノッタ)加盟店のリノベーション成功事例集プレゼント!




 







おすすめ記事