検索ボタン
TOP > 不動産テック  > 空室対策への不動産テック導入方法

空室対策への不動産テック導入方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
空室対策への不動産テック導入方法


空室提案を不動産テックで成功させる方法をご紹介!

少子高齢化が深刻化する中で、不動産業界においては賃貸物件の空室問題が大きな課題となっています。

そこで今回は、空室対策にいかに不動産テックを活用するべきかご紹介します。


〈目次〉


空室問題の原因
不動産テックで行う空室対策
 ータスク管理
 ーAIによるオーナー提案
 ー提案書作成のオートメーション化
 ー解約から空室提案のメール配信
空室提案におけるマネジメントの効率化
まとめ


空室問題の原因

入居が決まらず物件が空室になってしまうのには、当然ながら理由があります。

以下が、その主な理由として挙げられるものです。

・入居者募集の集客活動ができていない
・家賃設定が間違っている
・部屋の差別化ができていない
・管理が悪く顧客の満足度が低い

どんなに立派なアパートでも、入居者がいなければ賃貸経営は成り立ちません。

エリア内の競合物件の状況を把握し、他と比べてどのような問題があるのかを理解することで空室にならないような対策を講じなければ、賃貸経営状態の悪化はすれど改善はされないでしょう。


不動産テックで行う空室対策

不動産会社がこれまで蓄積してきた知識や知恵、空室対策の実績に基づいた手法とマネジメントに関するノウハウをAI搭載の自動化プラットフォームとして集約した日本初の空室対策システムが、「くうしつたいさくん」です。

不動産テックで行う空室対策不動産テックで行う空室対策 

空室提案の質をテクノロジーによって向上するこの不動産テック「くうしつたいさくん」の機能と不動産業務への活用方法をご紹介します。


ータスク管理

くうしつたいさくんには空室を改善するためのタスク管理機能があります。

この機能には以下の3つのポイントがあります。


空室対策の見える化と進捗管理


提案が必要な案件や提案後の確認フォローなど、タスクが自動で発生します。

忘れがちなオーナー報告も定期的にプッシュ通知し、超過などのステータスをわかりやすく表示します。

これによりうっかりミスがなくなり、マネージャーの負担も減少します。



アラート機能


長期空室がある物件での解約や空室率が一定の率を超える場合など、重要なイベントが発生した際に、物件担当者やマネージャー、エリア全体に、アラートでお知らせします。

空室対策において重要となるのは、スピードです。

オーナー様との信頼関係構築のために忘れることなく徹底的にお知らせします。



重要な情報をエリアやオーナーランク毎に日々チェック


空室率が高い物件や、長期空室など、注意しなければならない重要な情報を、全体、エリア、担当者、オーナーランク毎など範囲を分け、リアルタイムで確認できます。

これにより、提案漏れもなくなり、効率的で効果的な提案活動を実現できます


ーAIによるオーナー提案

ライバル物件と比較をしてAIが物件の推定賃料を分析し、改善手法を提案します。

空室対策で必要な必須設備の提案や類似物件との推定賃料比較など、AIが効果的な提案をサポートします。

AIによるオーナー提案AIによるオーナー提案 


空室対策に不可欠なのは物件の現状と相場を把握することです。

これらに関してのデータをAIによって自動で分析するため、分析時間を短縮することができます。


ー提案書作成のオートメーション化

不動産テック「くうしつたいさくん」では効果的な改善手法の提案書作成をオートメーション化します。

AIが導き出した効果的な改善手法を、オーナー様にわかりやすく説明するための提案書を自動で作成します。

この機能により提案書作成に掛けていた時間を省き、オーナー提案の効率化と提案力UPを図ることができます。

提案書作成のオートメーション化提案書作成のオートメーション化 

また、この機能で導き出した改善手法による空室対策における効果を、くうしつたいさくんでは税引後キャッシュフローまで自動分析します。

改善費用を投資した際の税効果も含めたシミュレーションをし、投資利回りや税引後のキャッシュフローを比較することで、どの改善提案が一番効果があるかを検討することができ、もっとも投資効率が良い改善を行うことが可能となるのです。


ー解約から空室提案のメール配信

物件の解約が出た場合、解約報告から新たな改善提案までを自動でメール配信します。

お部屋の解約があると、解約報告のアラートと解約に合わせた初期提案のタスクが発生します。

事前にメールアドレスを登録すると退去報告や改善提案をオーナー様に自動で配信することが可能になります。

さらに、オーナー様はそのメールへの返信の際に「承認・検討・相談」等の項目からワンタッチで選択するだけで返信することができるため、オーナー様との連絡も簡単に行えるようになります。


空室提案におけるマネジメントの効率化

実際の空室提案だけではなく、不動産会社側のマネジメントにおいても不動産テックが役立ちます。

まずオーナー情報について、所有物件全体や物件毎の空室状況が一目でわかるように管理します。

これによりオーナー様とのやりとりがタイムラインで簡単に登録でき、より簡単な社内共有が可能となります。

提案履歴も管理できるため、担当者が変わっても過去の提案を理解することができます。


また、目標や売上などの数値を管理分析します。

マネージャーは担当者毎に目標に対する売上実績、受注率、決定率、空室改善率などの把握ができ、スタッフの目標に対する意識も向上します。

自分が担当している空室率の高い物件や、長期空室などもわかりやすく把握することができ、計画的な空室改善の活動をサポートします。


まとめ

空室対策を行う際に不動産テックを導入することによって、ただ普段の業務が簡単になるわけではなく、判断材料となる情報が組み込まれるため、これまでのヒトの活動のサポートを得ることができます。

また、誰でも簡単に空室対策に取り組めるようになり、スタッフの知識や経験に頼らない、より高度な提案ができるようになるのです。


くうしつたいさくん公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://retech-network.com/kushitsutaisakun

くうしつたいさくんについてのお問い合わせはこちら

▶︎https://info.crasco.jp/l/533872/2020-05-29/fdn3sg





不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

満室の窓口加盟店成功事例!


無料でもらえる!満室の窓口加盟店の管理受託成功事例集プレゼント!


おすすめ記事