検索ボタン
働き方ノウハウ  > オーラリングの指標で確認できることとは!?

オーラリングの指標で確認できることとは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーラリングの指標で確認できることとは!?


オーラリングで確認できる健康指標をご紹介!

今回は、健康管理ガジェットOura Ring(オーラリング)で測定できる指標やそこから確認できることをご紹介します。 


<目次>

オーラリングの健康指標
オーラリングで確認できること
まとめ


オーラリングの健康指標

オーラリングにおいて個人の健康指標は、Sleep(睡眠)、Readiness(体調)、Activity(活動)の3つの単純なスコアにまとめられます。

オーラリングの健康指標オーラリングの健康指標

スコアを生成するために、オーラリングは現在の身体状態の主要な指標である夜間の測定値を優先します。

昼間の測定値は毎日のストレッサーやライフスタイルの変数を反映する可能性が高いのに対し、夜間は体が一貫した状態にあるため、全体的な健康状態を正確に表す最良の機会です。

これを念頭に置いて、オーラリングの昼間の測定値は意図的に制限されており、最も正確な情報を得ることができます。


オーラリングで確認できること

オーラリングでは、先に述べたように夜間と昼間で別の項目を測定しています。

優先される夜間の測定値において確認できることは、以下の項目です。

・安静時心拍数(RHR)
・心拍変動(HRV)
・呼吸数
・体温偏差
・睡眠データの詳細

最後の項目の睡眠データの詳細については、以下の4項目を確認することができます。

・睡眠段階の自動睡眠追跡(覚醒、光、深い、レム)

・睡眠のタイミング、持続時間、品質

・落ち着きのない動きの検出

・理想的な就寝ガイダンス


次に、毎日のストレッサーやライフスタイルの変数を反映する可能性が高い昼間の測定値については、以下の項目を確認できます。

・活動レベル(強度、タイミング、期間)
・カロリー
・歩数
・非活動時間とアラート
・昼寝などの休息の瞬間の自動検出

注意点としては、オーラリングでは現在、日中のRHRおよびHRVの継続的なオンデマンドデータを記録する機能はなく、このデータはモーメント機能を利用して静止している場合にのみ利用できます。


まとめ

精神データと身体データが数値となって表れるため、オーラリングを日常に取り入れることによって「ストレスが溜まっているからこれ以上は無理はしないでおこう」など、自分自身とうまく付き合えるようになります。

指にはめる簡単なデバイスなので、簡単に続けることができます。

皆さんも取り入れてみてはいかがでしょうか。


オーラリング公式サイトはこちら

▶︎https://ouraring.com/

オーラリングの機能についての記事はこちら

▶︎https://retech-network.com/posts/detail/142

オーラリングの使い方についての記事はこちら

▶︎https://retech-network.com/posts/detail/126

オーラリングの購入方法はこちら

▶︎https://retech-network.com/posts/detail/77

スマートリングについての記事はこちら

https://retech-network.com/posts/detail/80


更に詳しい内容は動画でも解説させて頂いておりますので是非ともご覧ください!

☆デジタルシフトで未来を切り開く!!不動産テック商品サイト

〇不動産・リフォーム業界をテクノロジーで変える|不動産テックのTATSUJIN 

https://tatsujin.tech/

〇【期間限定】無料WEB面談実施中!!お気軽にご相談ください。

https://tatsujin.tech/campaign02/





おすすめ記事