検索ボタン
TOP > 不動産テック  > リノベーション会社の選び方|賃貸リノベはRenotta(リノッタ)

リノベーション会社の選び方|賃貸リノベはRenotta(リノッタ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
リノベーション会社の選び方|賃貸リノベはRenotta(リノッタ)

賃貸業界では、空室率が増加の一途を辿っていることはよく知られています。

人口が減少している中で効果的に空室を改善することは賃貸オーナー共通の課題です。

そんな中、築古物件にもかかわらず劇的に付加価値を高めるとして注目を集めているのが賃貸リノベーションです。

ライフスタイルや住み良い環境へと住宅を改装するリノベーション。

元々の家の良い部分を残しつつ、より住みやすく生まれ変わることができるのは非常に魅力的です。

しかし、いざリノベーションをするために会社や業者を探してみたものの、何を基準にして選んだらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、山の数ほどあるリノベーション会社中から、選定するポイントをお伝えします。


〈目次〉
リノベーションのタイプを知る
 戸建て or マンション
 賃貸or持ち家
リノベーション会社選び|4つのポイント
 リノベーション会社の得意分野を知る
 豊富な施工事例や実績をチェック
 手厚いフォロー体制
 キャッシュフロー予測
まとめ


リノベーションのタイプを知る

戸建て or マンション


戸建てとマンションのリノベーションではリノベーションの施工方法は異なります。


戸建てのリノベーションは自由度が高く、様々な工法を用いることができるのが特徴ですが、マンションなどの集合住宅でのリノベーションは、管理規約や構造上の問題といった制約を受けることがあります。


例えば、マンションの構造上の問題で壁を壊すことができなかったり、水道管などの配管の位置によって改築範囲が限られるケースがあります。


集合住宅でのリノベーションを検討している場合は、マンションの管理者とも相談して決めましょう。

賃貸or売買


賃貸物件のリノベーションは空室対策にもなり、安くてお洒落な物件を借りることができることから人気が高まっています。


リノベーションにかかった費用は、家賃をアップすることで回収できます。


エリアなどにもよりますが、家賃よりも住みやすさやデザイン性が重視されることも多々ありますので、ニーズをよく調査してからリノベーションのプランを検討すると良いでしょう。


さらに、中古物件をリノベーションし販売する方法も、新築の物件を購入するよりも、安く済むということも珍しくないので人気があります。


リノベーション会社選び|4つのポイント

リノベーション会社の得意分野を知る


リノベーション会社と言っても様々な会社があります。


デザイン性に強みを持っている会社、水回りの改修を得意とする会社、古民家風リノベーションを得意とする会社などリノベーション会社によって特徴が大きく異なります。


「思い描いたお部屋の仕上がりと違う」なんていうことにならないように、リノベーション会社の得意分野を知ることはとても重要です。


リノベーション会社を選ぶ際は、施工のテイストだけを見るのではなく、不動産仲介に強いリノベーション業者なのか、設計事務所系など高いデザイン力を持っている会社なのかなど、自分の環境に合わせて選ぶようにしましょう。

豊富な施工事例や実績をチェック


提案力や技術が欠かせないリノベーションですが、リノベーション会社選びの際は豊富な施工事例や実績もチェックされます。


ホームページやパンフレットなどに、施工事例や実績が掲載されていることは信頼の証になりますし、イメージがつきやすくなるメリットもあります。


すでに実績があるリノベーション会社は、話を聞くチャンスと捉えることも出来ます。


施工事例を確認する際にはデザインや工事の内容だけではなく、対象物件の築年数や工事費用・平米数、工事期間なども合わせて確認しておくようにしましょう。


工事期間の長短によってもトータルで必要な費用が変わってくるので気を付けましょう。

手厚いフォロー体制


施工完了前や完了後の手厚いフォロー体制があると安心してリノベーション工事を進めることができます。


アフターサービスがあるのかどうか、あるのであればどの程度までフォローしてもらえるのかといった点を見ることが選び方では大切です。


引き渡し後の不具合に相談できる窓口が用意されているかどうかは大切な点といえます。


問題が起きた時にどこまで補償してもらえるのか、いつまでアフターサービスを継続してもらえるのかなどは不安になるポイントとなりますので確認しましょう。


キャッシュフロー予測


特に賃貸物件のリノベーションを行う際に必要な情報です。


リノベーションにはワンポイントリノベーション、フルリノベーション、定額リノベーションなど種類は様々あります。


リノベーションの種類によって金額は変わりますが目先の収益性だけを予測し、リノベーションを提案をするのは良くありません。


不動産物件の資産運用は10年後、20年後も続きます。


不動産投資理論に基づいた収支計算ソフトで10年後、20年後のキャッシュフロー(シュミレーション)も予測しその投資がプラスになるのかどうかを判断することが大切になります。


まとめ

良さそうな業者がいくつか見つかったら、セミナーや相談会、見学会などに参加してみましょう。


ネットの情報だけで判断せず、直接話をしてみることをおすすめします。


リノベーションで何を叶えたいかということを整理していただいて、ご自身の希望にマッチした強みを持つリノベーション会社を選んでください。


Rebotta(リノッタ)は賃貸リノベーションに特化しております。


他にはないお部屋作りを行う、コンセプト型リノベーションです。 


空室だから賃料を下げて募集を受け付けるのではなく、リノベーションにより賃料を上げながらの空室問題の解決目指します。


Renottaは、リノベーションの力で、劇的に付加価値を高める総合ソリューションサービスです。


「早く空室を解消したい」「賃料を大幅アップさせたい」というようなお悩みをお持ちのオーナー様にご支持いただいています。


全国No1リノベーションFC|Renotta  

まずはこの資料から!

『賃貸リノベの営業提案入門書』


※フォーム送信完了画面に、資料のDLリンクを貼付しておりますので、必ずダウンロードください。



リノベ工事期間中に成約!

空室期間を1カ月短縮させるそのスキームとは!?


※フォーム送信完了画面に、資料のDLリンクを貼付しておりますので、必ずダウンロードください。


事前の告知なくダウンロード期間が終了する可能性がございます。

気になる方はお早めに資料のダウンロードをお願いします!



メルマガ登録

資料請求




おすすめ記事