1社では実現できない進化をReTech Networkで目指します

働き方ノウハウ  > 健康にいいことだらけ、かつ生産性を46%UPする○○とは!

健康にいいことだらけ、かつ生産性を46%UPする○○とは!
2018.09.21
様向けのコンテンツとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



デスクワークの皆さん、日々感じている悩みはありますか?


・長時間パソコンを見続けて、目が痛くなる

・座り続けて、腰が痛い

・集中力が低下する

・肩や首が痛い

・姿勢が悪くなる

・会議など、つい長時間になりがちになる



など、さまざまな体の不調や業務のスピードに関する悩みを抱えている方が多いのではないかと思います。



最近では人口減少に伴って、1人当たりの生産性向上が叫ばれ、AI化などが注目されておりますが、実務処理がまったくゼロになることはありません。


さらに、アメリカで「座る時間が長い人ほど死亡リスクが高くなる」という衝撃的な研究結果が発表されました。

1日6時間以上座り続けている人は座っている時間が3時間未満の人に比べて女性で34%、男性で17%ほど死亡リスクが高まるそうです。また、「座りすぎはかつての喫煙と同様に危険な行為」とも言われ、デスクワークの危険性が示唆されようになりました。


そんな「座りすぎ」のリスクを、軽減する働き方があるんです!

この先を読むにはプライム会員になる必要があります。

会員プラン詳細はこちら

おすすめ記事

パート比率4割で、生産性2.2倍超を実現する働き方改革!

2018.11.14