検索ボタン
TOP > マーケティング  > お客様を増やすために!見直したい不動産会社のホームページ

お客様を増やすために!見直したい不動産会社のホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様を増やすために!見直したい不動産会社のホームページ

あなたは自社のホームページについてどう思っていますか?

不動産会社においてホームページは店舗の外観よりも重要な要素で、これがうまく作られていないとお客様を逃してしまうことにもなりかねません。

今回は、不動産会社にとって大切なホームページの役割やお客様を呼び込むためにも入れ込んでおきたいポイントについて紹介します。


〈目次〉
不動産会社におけるホームページの役割
  会社を認知させる役割
  サービスをプロモーションする役割
  問い合わせ窓口の役割
不動産会社のホームページに必須のポイント
  事業・サービス内容
  自社の特徴
  採用案内
  アクセス
不動産会社のホームページに入れ込みたいコンテンツ
  スタッフのプロフィール
  コンテンツマーケティング
  ブログ・社報
  Q&A
  お客様の声
まとめ 


不動産会社におけるホームページの役割

不動産会社にとってホームページとは大きく3つの役割があります。


会社を認知させる役割

インターネットが発達した現代において会社のことを知るにはまずホームページを検索します。

それゆえホームページは企業の顔とも言われます。

どれだけ店舗がお洒落なデザインでもホームページが古臭いだけで印象は悪くなってしまいます。

会社にとって一番見てもらえる部分だからこそ、ここで会社を覚えてもらい問い合わせや反響につなげていきたいところです。


サービスをプロモーションする役割

ホームページには「会社の強み」や「この会社はどんなことをしてくれるのか」を伝える役割もあります。

多くの会社が取り扱っている不動産の紹介やサービスの特徴を詳しく載せることで、他の不動産会社と差別化を図っています。

不動産会社と一口に言っても、賃貸や売買、建設など業種も様々です。

どんなお客様の役に立つことができるのか明記しておくことも重要です。


問い合わせ窓口の役割

サービスのプロモーションを行った結果、お客様から問い合わせを受けることがあります。

ホームページはそのようなお客様の窓口としての役割も果たします。

それゆえにメールアドレスや電話番号を載せたり、フォームを設置することで問い合わせがしやすい環境を作る必要があります。

最近はボット(自動で質問に対して回答するシステム)を導入してホームページ上を見ながらいつでも質問できるようにしている会社も多いです。


不動産会社のホームページに必須のポイント

ここからは不動産会社のホームページに入れ込むべき重要な要素を解説します。

お客様にとって有益なホームページを作るためにもこの部分は確実に押さえておきましょう。


事業・サービス内容

自社が行っている事業やサービスの内容を載せます。

どれだけお洒落なホームページを作っても「この不動産会社は何ができるのだろう?」と思われてしまえばお客様は離れていってしまいます。

この会社は何を仕事としていてどう言ったサービスを行っているのか、お客様に伝わるように入れ込みましょう。

また、事業やサービスが多岐に渡る場合は、お客様が見たい項目にアクセスしやすいようにページを分けたりバナーを作ることをおすすめします。


自社の特徴

自社の特徴、いわゆる強みを紹介することもホームページ作りでは大切です。

自社の特徴と他社との違いを盛り込むことで相対的により際立つようになります。

例えば、「××市一筋○年」や「取引件数△件以上」、不動産売買であれば査定から買い取りまでのスピードが速いと言った内容を記載するような感じです。

何よりこれがお客様から見れば差別ポイントとなるので、重要度が高いことがわかるでしょう。


採用案内

新卒や中途、パートのスタッフを募集している会社はホームページの中に採用ページを作るとわかりやすいです。

その際に、採用担当者のメッセージや求める人物像などを載せることで求職者が働くイメージをしやすくなります。

実際に話を聞きたいという方向けにセミナーなどの情報を載せるのもおすすめです。

採用力が高い会社はこの採用ページを作り込んでいるので、この辺りも意識してみましょう。


アクセス

不動産会社だと内見や契約などで来店されることも多いです。

そういった方に向けて店舗情報やアクセス方法を掲載しましょう。

住所だけでなく、最寄り駅や周辺環境も必要で、「〇〇スーパーの隣」などわかりやすく説明すると良いです。

日中に連絡の取れる電話番号を載せたり、営業時間についても入れ込んでおくと親切です。


不動産会社のホームページに入れ込みたいコンテンツ

最後に、不動産会社のホームページに必須ではないけれども、あるとさらにお客様に印象付けられるコンテンツについて紹介します。


スタッフのプロフィール

特に不動産に関しては大きなお金が動くものなので、お客様も慎重になります。

そう言ったときに対応するスタッフがどんな人かわからないと不安に感じる方もいます。

そこで、スタッフの写真やプロフィールを掲載するのがおすすめです。

対応するスタッフがどのような人かを知ってもらうことでお客様からの信頼感もアップし、安心して任せてもらうことができます。

プロフィール欄に仕事をする上で大切にしていることなども入れ込むことでより効果が出るでしょう。


コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとはお客様のためになる情報を発信し続けることによって、サイトへのアクセスを促す戦略のことを指します。

一般のお客様向けであればお部屋探しのポイントや不動産に関した知識を紹介する記事を用意することでお客様に継続的に閲覧してもらえるようになります。

これはサイトの利用回数を増やすとともにブランディングとしても効果を発揮します。


ブログ・社報

コンテンツマーケティングが難しいようであればブログや社報を載せるだけでも効果があります。

最近起きていることやキャンペーンなどを発信することで親近感を持たれやすくなります。

また、社報で定期的にお客様にとって有益な情報を発信することでブランディングやSEO対策などとしても応用できます。


Q&A

問い合わせに似たものではありますが、お客様からよく寄せられる質問に対する解答をまとめておくと親切です。

不動産は専門的な部分が多いので、他の業界と比べてもQ&Aの有効性は高いです。

法律関係などは特に一般のお客様にとってはわかりづらい部分なので、この辺りを載せておくと印象がよくなります。

簡単なものでも良いので幅広い内容のQ&Aを盛り込むようにしましょう。


お客様の声

スタッフのプロフィールの部分でもお話ししましたが、不動産会社に来るお客様は慎重にならざるをえません。

そう言ったときに他のお客様の声があると安心することができ、会社に対するイメージもポジティブなものになりやすいです。

しかし、あまりに良い意見ばかり載せると逆に不信感を抱かれることもあるので注意が必要です。


まとめ

インターネット時代においてホームページは命です。

特に不動産業界では、ホームページを昔作ったものから変えていない会社も多いです。

お客様を増やしていくためにも今一度、自社のホームページがお客様からどのように見えているのか考えてみてはいかがでしょうか。





おすすめ記事