検索ボタン
TOP > 賃貸  > オーナーに選ばれる不動産管理会社とは

オーナーに選ばれる不動産管理会社とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーナーに選ばれる不動産管理会社とは


オーナーに選ばれる不動産管理会社とは

不動産管理会社として、管理物件を増やすことは利益を上げることに繋がります。

管理物件を増やすには、オーナーから管理を任される不動産管理会社である必要があります。

賃貸経営のプロである不動産管理会社は豊富な経験とノウハウでさまざまな業務をサポートしてくれます。

しかし、アパートの管理会社はたくさんあるので迷ってしまう、どこも同じだろうと思うオーナーも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「選ばれる不動産管理会社6つのポイント」をお伝えします。


〈目次〉
不動産管理会社に求めるもの
不動産管理会社が選ばれるポイント
 不動産投資の目的を知る
 徹底したマーケティング戦略
 リスク対策
 賃料アップを実現する付加価値の提案
 業界知識が豊富
 迅速で密なコミュニケーション
不動産管理会社のためのFC加盟
 満室の窓口
 オーナーに選ばれるFC
まとめ


不動産管理会社に求めるもの

少し前まで不動産管理会社に求められていたのは入居率でした。

とにかく、空室無くし、稼働率を上げて欲しいという要望が多くありました。

そのため、不動産管理会社は空室物件のリフォームを行い、家賃を下げて入居率を上げました。

しかし、このサイクルを繰り返していくと家賃収入の減少とリフォーム費用の負担が重なり、満室でも収入家賃が足りない建物所有者が出てくるようになったのです。

不動産管理会社の中で、オーナーのローン返済額やローン残高を把握しているところは少ないです。

と言うことは、過剰なリフォーム提案や家賃値下げをすることもあります。

これは、オーナーの無知と管理会社の目指す方向が違うために起こるのです。

入居率至上主義から、オーナーの利益確保の動きへ変わってきた現在、オーナーにも不動産知識を学ぶことが求められています。

では、現在どのような不動産管理会社が求められているのでしょうか。

ポイントを押さえましょう。


不動産管理会社が選ばれるポイント

不動産経営の目的を知る

まずは、オーナーがなぜ不動産経営を始めたのか、その目的を知ることが大切です。

収益UPが第一のオーナーと、節税対策で不動産投資を始めたオーナーでは今後の対応も変わるでしょう。

提案の方法で「真剣に考えてくれているんだな。」という信頼関係の構築にも繋がりますし、コミュニケーションも円滑に進むでしょう。


徹底したマーケティング戦略

賃貸市場には、季節や地域など集客力に影響を与える傾向やトレンドが存在します。

学生向けやファミリー層、単身者向け、転勤族など、どんな方に物件情報を見てもらう必要があるのかといったペルソナ設定など、徹底したマーケティングが成否を決めます

何十年も続く不動産経営には、世の中の動向や情勢を把握し、時代の流れを見極めることができる管理会社が好ましいです。


リスク対策

業務をする中で気づいた些細な問題点や不備について、オーナーに報告して改善策を投げかけるようにしましょう。

賃貸経営や相続の知識、顧客ニーズなどあらゆる情報を包み隠さず提供し、起こりうる問題についてリスク管理を行うのです。

オーナーが無知のままでは万全なリスク対策は行うことができません。

不動産経営は学ぶ時代に突入しているのです。

定期的な勉強会や投資理論、顧客ニーズ、税制、相続など賃貸経営に関する情報を開示し、得ることができる管理会社が求められています。


賃料アップを実現する付加価値の提案

先程も申したように、賃貸市場には、季節や地域など集客力に影響を与える傾向やトレンドが存在します。

ですので、徹底したマーケティングやリノベーションによる付加価値の創造により賃料がアップした上での集客など、様々な角度からキャッシュフローの改善を提案しましょう。


業界知識が豊富

賃貸オーナーがより大きな収益を獲得できるよう、不動産経営の稼働率が最大化するさまざまな改善・提案手法を修得した不動産経営改善士をご存知でしょうか。

不動産経営改善士とは、不動産経営の改善に必要な、賃貸顧客動向の理解、不動産経営、ファイナンス全般、所得税、相続税などの知識やノウハウを持ち合わせたプロフェッショナルです。

さらに、ファイナンス分析によって、税引後キャッシュフローが最大化する最適な改善手法がどれなのかを、節税効果を考慮した多方面に渡る投資指数から比較検証することができるようになります。

これらを基礎に、オーナーの意図を反映させながら、不動産価値を向上させ、経営改善を実行することが可能ですので安心して任せていただくことかできます。


迅速で密なコミュニケーション

不動産経営が初めてだというオーナーはたくさんいるでしょう。

そうでないオーナーにも悩みはたくさんあります。

不安でたまらないオーナーの悩みに寄り添い、親身に相談にのることが大切です。

気軽に賃貸経営に関して質問していただき、納得していただくまで丁寧に説明することで管理の移行を決める場合もあります。


不動産管理会社のためのFC加盟

全国加盟100店舗以上全国加盟100店舗以上 

満室の窓口

満室の窓口とは全国加盟100店舗。

オーナーへ賃貸経営や相続、顧客ニーズなどの情報を提供する相談窓口です。

空室の増加は、賃貸物件のオーナーにとって死活問題です。

にもかかわらず、建てた当初から資金計画を見直していなかったり、長期空室が放置されていたりと、管理会社とのコミュニケーション不足による空室率の悪化に悩まれている方が数多くいます。

そこで目をつけたのがAI(人工知能)です。

人の経験や記憶だけが頼りでは、空室提案の抜けや、的確な提案が行なえない場合があります。

AIがそれを補うことで、より良いタイミングで、より的確な空室提案を行なうことができると考えました。

全国の不動産会社から同士を集め、FC事業を展開することで、空室改善の成功事例を蓄積し、共有し合い、さらに良い提案を行なっていける。

人口が減り続ける中、建物は増え、空室も増えていくという負のスパイラルを断ち切るべく「満室の窓口」は誕生しました。

ブランド力向上はもちろん、加盟店と成功事例を共有しながら、業務・収益改善を進められることが「全国ネットワーク」の強みです。


オーナーに選ばれるFC

満室の窓口では、賃貸物件の空室を埋めるだけではなく、より良い資金計画を組み、出口をしっかり見据えた経営をしていただくことを目的としています。

そのため、まずは不動産会社である私たちが知識をつけられるよう、「満室の窓口資格制度」を加盟店舗スタッフ向けに展開します。

不動産経営改善士を取得し、不動産経営の改善に必要な、賃貸顧客動向の理解、不動産経営、ファイナンス全般、所得税、相続税などの知識やノウハウを持ち合わせたプロフェッショナルへと育てます。

さらに、オーナーにも勉強会を行ない、同様に資格取得をしていただけるようなカリキュラムもご用意しております。

Facebookなどオーナー向けに情報発信もしており、オーナーと交流しながら相談にも応じています。

オーナーにとっては不動産会社をより身近に感ることができ、密なコミュニケーションを図ることが可能となります。

不動産会社だけでなく、オーナーにも高水準の知識を付けていただくことで、さらに質の高い不動産経営ができると考えます。


満室の窓口公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://manshitsu.life/



まとめ

全国的な空室率の増加、賃貸住宅の過剰供給、空き家問題など、不動産市況はさまざまな問題にさらされています。

「知識は財産である。」という言葉があるように、不動産管理会社だけでなく、オーナーも経営知識が求めめられる時代になりました。

時代の変化に伴い、新たな不動産管理・経営を始めてみてはいかがですか。


満室の窓口公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://manshitsu.life/





不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

満室の窓口加盟店成功事例!


無料でもらえる!満室の窓口加盟店の管理受託成功事例集プレゼント!


おすすめ記事