検索ボタン
TOP > 賃貸  > 不動産経営改善士とは?オーナー向け提案のプロを知る

不動産経営改善士とは?オーナー向け提案のプロを知る

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産経営改善士とは?オーナー向け提案のプロを知る
オーナー向け提案のプロ!「不動産経営改善士」とは?


オーナー向け提案のプロ!「不動産経営改善士」とは?オーナー向け提案のプロ!「不動産経営改善士」とは? 

不動産賃貸の仕事をしていると、オーナー様から不動産経営に関してのお困りごとが寄せられると思います。

しかし、その期待や信頼に応えられるような効果のある提案や改善ができているでしょうか。

不動産経営をサポートするということはそれ相応の詳細な知識や経験がなければできないので、「どうにもできない」ともどかしい気持ちになっている方も多いかと思います。

そこで今回は、オーナー提案で収益最大化を提案できる資格「不動産経営改善士」について解説します。


〈目次〉

不動産経営改善士とは

不動産経営改善士が生まれた背景 

不動産経営改善士に出来ること 

不動産経営改善士と無資格スタッフの違い 

不動産経営改善士の資格取得方法 

まとめ


不動産経営改善士とは


「不動産経営改善士」とは、不動産経営の改善に必要な知識とスキルを保有し、不動産賃貸オーナーに対し、一定以上の水準で提案を行えるスペシャリストのことです。

不動産経営を行なっているオーナーが安心して任せられる不動産経営改善のプロを育成し「オーナーに対して、適切で客観的な提案、賃貸経営に関するコンサルティングを行うこと」を役割としています。


不動産経営改善士とは不動産経営改善士とは 


不動産経営改善士は初級・中級・上級・最上級と習熟度に応じた4つのステージに設定されており、それぞれ認定証とバッジも授与されます。

資格取得には実務的な内容が多く、実務で大いに役立ち、有資格者からの提案ということで、オーナー様からの信頼度もアップできます。

スタッフも不動産経営に詳しくなり、高い自信とモチベーションをもって接客することが出来ます。

不動産経営改善士4つのステップ不動産経営改善士4つのステップ 


不動産経営改善士の認定証とバッジ不動産経営改善士の認定証とバッジ  

不動産経営改善士が生まれた背景


不動産業界には宅建士やファイナンシャルプランナーなどたくさんの資格があります。

不動産会社の社員はそれらの資格取得を目指しますが、その合格率を考えると狭き門であり取得率はあまり良くありません。

さらに、資格取得のために学習した内容も、実務で直接的に利用できる場は少なく、そこに歯痒さを感じてしまう社員が多いというのが現状です。

また、不動産経営に関する知識が乏しい新入社員等については、知識が体系化されておらず、知識不足を露呈し、オーナー様からの信頼度を下げかねません。

しかし不動産経営に関する教育は、座学だけではなかなか習得出来ず、OJTでは時間がかかり過ぎてしまいます。

さらにいえば、教育カリキュラムが体系的に充実していないことも多いかと思います。

そこで誕生したのが「不動産経営改善士」です。


不動産経営改善士ができること


資格保有者は不動産経営の改善に必要な知識とスキルを習得し、不動産オーナーに対し、一定以上の水準で提案を行うことのできるスペシャリストです。

不動産オーナーに対し、適切かつ客観的な提案など、不動産経営に関するコンサルティングを行うことができます。

具体的には、賃貸オーナーがより大きな収益を獲得できるよう、不動産経営の稼働率が最大化するさまざまな改善・提案手法を体系的に修得しているので、ファイナンス分析によって税引後キャッシュフローが最大化する最適な改善手法がどれなのかを節税効果を考慮した多方面に渡る投資指数から比較検証することができます。

これらを基礎に、賃貸オーナーの意図を反映させながら、不動産価値を向上させ、経営改善を実行することが可能です。


不動産経営改善士と無資格スタッフの違い


無資格のスタッフと不動産経営改善士の違い無資格のスタッフと不動産経営改善士の違い 不動産経営改善士を持っていない無資格のスタッフでは不動産経営のことで助けを求めてくるオーナー様に対して的確な提案ができません。

不動産経営に関する体系的な知識もなければ経営改善の経験や実績もないからです。

しかし、不動産経営改善士なら不動産経営に関する知識はもちろん、不動産経営の稼働率を最大に高めるための様々な改善・提案手法を習得しているので説得力のある提案ができます。

また、無資格のスタッフよりも不動産経営改善士という肩書きをもったスタッフの方が圧倒的にオーナーからの心象もよく、信頼して任せてもらうことができます。


不動産経営改善士の資格取得方法


「不動産経営改善士」は資格取得にeラーニングを採用し、業務の隙間時間などを利用して効率的に学習することができます。

不動産経営の改善に必要な、賃貸顧客動向の理解、不動産経営基礎知識、ファイナンス理解、税金、相続などの知識やノウハウを体系的にまとめたカリキュラムが用意され、eラーニングと確認テスト、実務テストなどを行い、一定水準以上の成績を納めることで資格を取得することが出来ます。

初級、中級はeラーニングと確認テストで取得することが可能ですが、上級以上に認定されるには実績としてそれ相応の改善事例を挙げなければなりません。


まとめ


今回ご紹介した「不動産経営改善士」は、不動産経営に関する知識を付け、資格を持っている社員となることで、オーナー様に安心してお手持ちの不動産の経営をお任せいただくことができます。

社員自身も業務で活かせる知識を身に付けることができるため、自信を持ってオーナー様に提案できるようになります。

不動産会社にとってもオーナー様にとっても良い結果に繋がる「不動産経営改善士」について興味を持っていただけた方は、是非下記の公式サイトをご覧ください。


<不動産経営改善士>資格HPサイトはこちら

http://kaizenshi.jp/




不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

満室の窓口加盟店成功事例!


無料でもらえる!満室の窓口加盟店の管理受託成功事例集プレゼント!


おすすめ記事