検索ボタン
TOP > お役立ち情報  > 簡単!「どこでも会議」ノウハウ

簡単!「どこでも会議」ノウハウ

このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単!「どこでも会議」ノウハウ

皆さんの会社では遠隔での社内打ち合わせにどのようなツールを使用されていますか?

会議室に専用のテレビ会議システムを導入されていたりSkypeなどを利用している方もいるかもしれません。

今回はそういったものも必要とせずお手軽に会議を行えるツールを紹介します。


〈目次〉

遠隔会議におけるビデオ会議の課題
遠隔会議で活躍するツール「テレカンファレンス」
まとめ


遠隔会議におけるビデオ会議の課題

ビデオ会議の利点は相手の表情も確認することができたり、お互いの画面をリアルタイムに共有することができる点です。

また、専用の会議システムであれば、参加者全員で書き込むことができるホワイトボード機能が備わっていたりすることが多く、対面での会議と変わらない話合いができるような環境を用意することができます。

しかし、遠隔での打ち合わせをしたい場合に、必ずしもその環境が使えるとは限りません。

主に以下のようなことが原因で不便を感じることもあります。

・会議室が別の予定で使用されている
・ビデオ通話に適したインターネット環境下にいない
・ウェブカメラ、スピーカーがPC内蔵のもので音声・映像ともに品質が悪い

また、社内の打ち合わせの場合は相手の表情が見えなくても不都合がないことが多く、さらに準備設定の手間も多少なりともかかってしまいます。


遠隔会議で活躍するツール「テレカンファレンス」

そこでオススメしたいのがスマホでの電話会議、テレカンファレンスです。

電話だと複数人での会話ができない?いえいえ、スピーカーフォンを使えばOKです!

でもただのスピーカーフォンではありません。専用のスピーカー・マイクを接続することで、スマホのスピーカーフォンが劇的に進化します。

iPhoneをお使いの方にオススメなのが、Pioneerから発売されている、テレカンファレンス用スピーカーシステムです。


■ Pioneer Rayz Rally Lightning-Poweredカンファレンススピーカー

使い方は本体から伸びているLightning端子をお使いのiPhoneに挿し込むだけ。

たったそれだけで立派なテレカンファレンス環境ができあがります。

利用シーンは実に多様です。

・上司からの電話で同僚への質問事項があっても、即席で電話会議が可能
・会議室が埋まっていても自席や少し会話ができるスペースさえあればいつでも遠隔会議可能
・PCがなくても手軽に複数人での会議ができる


大きさも手のひらサイズでとてもコンパクトなので、いつでもどこにでも持ち歩くことができます。

私たちは様々な会議システムを利用してきた中でも、このツールが今の所大変重宝しています。いつでも会議ができるからです。

特にスピード感の速い業務をされている方、マネージャーや営業職の方にはとてもオススメです。


まとめ

社内導入となるとビデオ会議システムばかりに目がいきがちですが、こういった便利なツールを知っているだけでも仕事が捗ること間違いなしです。

ぜひ一度お試しください。




不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

0円のテクノロジー活用で業務効率&生産性アップ!!


ビジネスに活用できる!おすすめ0円テックまとめ資料プレゼント中!!


おすすめ記事