検索ボタン
TOP > 不動産業界トレンド  > 不動産テックで業務改善!【基礎編】~サービスの特徴~

不動産テックで業務改善!【基礎編】~サービスの特徴~

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産テックで業務改善!【基礎編】~サービスの特徴~

ご存知の通り、現在不動産業界では不動産テックが注目されておりサービスも数多く存在してはいますが、まだ導入できていないという企業もかなりあるのではないでしょうか。

「導入したら何ができるのか、何が変わるのかわからない」「どういったサービスがあるのか知らない」こういった不動産テックに興味はあるけど・・・という方に向けて今回は主に業務改善に効果を発揮する不動産テックのサービスについて紹介します。


 〈目次〉
不動産テックとは?
不動産テックの分類
不動産テックサービスを紹介
    建物点検「きろくん」
    外壁診断「がいへきんぐ」
    空室対策「くうしつたいさくん」
    物件プロモーション「NODAL VIEW」
    物件写真編集「フォトステ」
    顧客分析「とうろくん」
  Webマニュアル「ちんたいちょう」
  社員教育「きょういくん」
まとめ


不動産テックとは?

まずは簡単に不動産テックについてご説明します。

「不動産テック」とは「不動産」「テクノロジー」を掛け合わせた造語であり、「Real Estate Tech」や「retech」とも呼ばれます。

言葉の通り、テクノロジーの活用で不動産業に関わる課題の解決や業界の仕組み・慣習を改革する価値やシステムのことを指します。

SUUMOなどのポータルサイトや今話題のVR内見のサービスをイメージするとわかりやすいと思います。

不動産は業界の特性から他の業界と比べてIT化が遅く、業界自体が持たれていたイメージも古臭いものでした。


不動産テックの分類

不動産テックと言っても大きく二つに分けられます。

「今までになかった新しい価値を生み出すもの」「今ある業務の効率を上げるもの」です。

SUUMOなどポータルサイトはそれによってお客様が今までできなかった物件の一覧検索などを可能にするものなので前者に該当し、手書きで行っていた業務を自動でシステム化するサービスであれば後者に該当します。

一般の人からしたら今までできなかったことができるようになる新しいサービスが不動産テックというイメージがあるかと思いますが、不動産会社の業務をサポートするサービスもそれ以上に多く存在しているのです。

今回は主に後者の「今ある業務の効率を上げる」サービスについて紹介します。


不動産テックサービスを紹介

では実際に業務の改善を図れる不動産テックのサービスについてみていきましょう。


建物点検「きろくん」

「きろくん」は、賃貸管理において重要な業務の一つである建物点検をサポートするアプリです。

物件の巡回点検は単純な業務ではありますが、スタッフの経験に頼りがちで非効率になっていることもあるのではないでしょうか。

きろくんを導入すると「定期巡回」「定期清掃」「原状回復」「空室点検」「水道検針」の5つの点検を画像のように写真を撮影し、チェックするだけで誰でも簡単に均一なレベルで行うことができます。


きろくん実際の画面①きろくん実際の画面① 

きろくん実際の画面②きろくん実際の画面②  



スマートフォン一台で完結するため、紙で物件をチェックし、事務所に戻ってパソコンに打ち込む必要がなく、大幅な効率化を実現します。

また、点検が終わったらそのデータを元に報告書が自動で作成されるので事務所で報告書をまとめる作業も必要なく、その足でオーナーに提案に行くことも可能となります。

位置情報も共有されているため、急を要する現場対応があった場合に一番近いスタッフへ依頼することができ、迅速な対応と移動時間の効率化も図れます。


「きろくん」の詳しい内容についてはこちらから

https://tatsujin.tech/kirokun/



外壁診断「がいへきんぐ」

物件を維持管理するには外壁の修繕が必要不可欠です。

当然ながら物件も老朽化するので10〜15年に1度は外壁のメンテナンス工事が必要となります。

しかし、外壁診断には多くの専門知識がなければならず、そう言ったスタッフが少なくオーナーにしっかりとした提案をできていない現状があります。

それを解決するのが外壁診断・提案書作成システム「がいへきんぐ」です。

がいへきんぐは一級建築士が監修しており、プロのノウハウを誰でも簡単に活用することができます。

項目に沿って建物を撮影し、その状態にあった文言を選択するだけで提案書が自動作成されるので、提案書作成にかかっていた作業時間も大幅に削減されます。

がいへきんぐの実際の画面がいへきんぐ実際の画面 記載内容は誰でも理解できる内容になっており、専門知識も不要なので経験の浅いスタッフや時間が限られるパートなど、誰でも使える仕様になっています。

提案書は自動で生成され、提案用に外壁デザインのパターンや成功事例も格納されているので、必要な準備も最小限で済みます。

がいへきんぐ提案書がいへきんぐ提案書 今までは手が回らず他社にとられていた外壁修繕を自社で行うことで収益アップにつながります。


「がいへきんぐ」の詳しい内容についてはこちらから

https://tatsujin.tech/gaiheking/



空室対策「くうしつたいさくん」

空室率が年々増加している昨今、物件をそのままにせず、「なぜ空室が多いのか」「どうすれば改善できるのか」を分析しオーナーに提案することが生き残っていく上でかなり重要となってきます。

しかし、物件の現状と相場の把握や投資効率の良い改善手法を判断するのは難しく、しなければいけないとはわかっていても空室対策の提案を行えていない会社が多いです。

そんな問題を解決するのがAI搭載の空室対策システム「くうしつたいさくん」です。

「くうしつたいさくん」とは、空室対策実績に基づいた手法とマネジメントノウハウをAI搭載の自動化プラットフォームとして集約した日本初の空室対策システムです。

タスクに基づき空室提案のフローの一部を自動化することが可能になり、“ヒト”が苦手とする部分をテクノロジーが補います。

スタッフの知識や経験に頼らず、より高度な提案を行えるように支援します。くうしつたいさくん実際の画面①くうしつたいさくん実際の画面① 

空室率や空室日数など重要な情報をエリアやオーナーごとに日々チェックが可能で、解約や大規模修繕など重要なイベントが発生した際にはアラートでお知らせされます。

くうしつたいさくん実際の画面②くうしつたいさくん実際の画面②  

担当者ごとに目標に対する売り上げ実績、受注率、決定率などが把握できるので目標に対する意識も向上します。


「くうしつたいさくん」の詳しい内容についてはこちらから

https://retech-network.com/kushitsutaisakun



物件プロモーション「NODAL VIEW」

「NODAL VIEW」物件撮影と今話題のVR内見作成の両方が行えるスマートフォンアプリです。

物件撮影は一眼レフを使うことが多いですが、使えるスタッフが限られる上、撮影できても窓の外が白飛びしてしまうということも多いのではないでしょうか。

NODAL VIEWだとスマートフォンにアクセサリとレンズをつけるだけ、水平垂直のガイドラインが画面に出るので誰でも簡単に撮影ができますし、最大11枚の明るさの違う写真を撮影しそれをAIが自動で合成するので、窓の外の白飛びも起こることなくプロクオリティの写真が撮影可能です。

NODAL VIEW撮影画面NODAL VIEW撮影画面 NODAI VIEWのAI補正NODAI VIEWのAI補正 


また、VR内見に必要なパノラマ画像の撮影とツアーの作成も行うことができます。

360°パノラマ画像も物件写真同様AIが自動で生成、ハイクオリティな仕上がりにしてくれます。

できた画像はクラウド上に保存されるので、それをパソコンでつなぎ合わせることでツアーが完成。

インフォメーションマークを配置することで文章や写真・動画でレールなどの寸法や営業マンのオススメポイントなどの情報が入れ込めます。

ツアーはリンクを発行することで誰でもスマートフォン・PCで見ることができますし、うちにいながらにして営業マンと一緒に内見をしているかのような体験ができます。

NODAL VIEWで作成したVR内見NODAL VIEWで作成したVR内見 


「NODAL VIEW」の詳しい内容についてはこちらから

https://www.crasco.jp/nodalview



物件写真編集「フォトステ」

ネット上でお客様が物件を探すとき、物件の写真を見て検討するかしないかを一瞬で判断します。

物件写真が他の物件のそれと比べて魅了的かどうかが反響アップの鍵となるのです。

そのため、最近は単なる物件写真だけでなく、物件に家具や小物を置いて生活感をイメージさせやすくする「ステージング」を行った上で物件写真を撮るというところも増えています。

しかし、一回一回物件に家具などを搬入し、設置、撮影するというのはかなり時間もかかりますし、面倒です。

「フォトステ」はそういった手間を必要とせず、物件を魅力的に見せる不動産写真に特化した写真編集サービスです。

元々ある物件写真に加工を施しバーチャルでステージングを行います。

フォトステによるバーチャルステージングフォトステによるバーチャルステージング 逆に退去前の物件の写真を加工し家具等を消すこともできるので、退去が決まった段階で写真を掲載し募集をかけることもできます。

さらには、普通の物件写真だけでなく、先ほど紹介した「NODAL VIEW」などで撮った360°パノラマ画像にも加工を施すことが可能です。

物件写真をより良く見せ、ネットでの閲覧数を劇的に向上させます。


「フォトステ」の詳しい内容についてはこちらから

https://photo-staging.jp/



顧客分析「とうろくん」

来店するお客様がどういった傾向があるのかデータを取り分析することは今後の成長のためには欠かせない作業です。

しかし、「来店アンケートはとっているが、集計が十分にできていない」、「顧客ニーズの把握に時間がかかり、対応が遅れてしまう…」といったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するのがipad顧客分析アプリ「とうろくん」です。

ipadでアンケートをとり、そのまま情報をサーバーに送信、リアルタイムで集計し、グラフ表示を行います。

正確な情報を確実に取得できるのはもちろん、人気の商品や反響の多い商品が一目でわかり、広告費用対効果がアップするのでスピーディーにマーケティングが行えます。

データは全てクラウド上に保存されるので、タブレットを紛失しても個人情報の漏洩は心配ありません。

とうろくんのアンケート画面とうろくんのアンケート画面 


「とうろくん」の詳しい内容についてはこちらから

https://tatsujin.tech/tourokun/



Webマニュアル「ちんたいちょう」

不動産業務は専門的な知識が必要で、属人的になっている業務もとても多いです。

そういった属人化を防ぎ生産性の高い組織を作るサポートを行うのが、入居者マニュアル・帳票作成システム「ちんたいちょう」です。

「ちんたいちょう」には自社マニュアルが格納可能で、部署ごとのマニュアルや社内ルールを追加することにより、一回一回他のスタッフに質問しなくてもこれを見るだけで疑問が解決し、業務を中断させる心配もありません。

ちんたいちょうカテゴリちんたいちょうカテゴリ 

また、賃貸管理、その他不動産に関する基本的な用語の解説が3943項目、帳票のサンプルも200種類以上掲載されており、スムーズな業務実行をサポートします。


ちんたいちょうのクレーム対応フローちんたいちょうのクレーム対応フロー 

特に、クレーム対応のマニュアルに関しては対応のフロー化が可能で、手順に沿ってヒアリングしていくことで初心者でも正しいクレーム対応ができるようになっています。

もちろんこれらはすべてカスタマイズ可能ですので、それぞれの会社にあった対応マニュアルを作成し、対応の質を平均的に上げることができます。


「ちんたいちょう」の詳しい内容についてはこちらから

https://tatsujin.tech/chintaichou/



社員教育「きょういくん」

不動産業は幅が広く、賃貸仲介、賃貸管理、不動産売買、不動産投資、資産活用、相続対策など様々な知識が必要となります。

しかも不動産業界は人の入れ替わりが激しく、新しい社員が入ってくるたびに教育が必要となるので、時間もコストもかかりがちです。

そういった不動産会社の社員教育をサポートするのが不動産に特化したeラーニングシステム「きょういくん」です。

「きょういくん」はスマホやタブレット、PCでいつでもどこでも受講可能なので空き時間を有効活用して学習が可能です。

きょういくん実際の画面きょういくん実際の画面 

リアルの研修とは違い、教える人によるばらつきもなく一定の知識を皆が習得できるようになります。

受講後には理解度を確認するテストがあり、合格しなければ次に進めないようになっているので確実に知識をつけさせます。きょういくん確認テストきょういくん確認テスト 

部署やチームごとに視聴必須の動画をカスタマイズすることができるので、無駄なく効率的にスタッフを育成できます。

収録コンテンツは201コース1000を超えており、不動産の知識だけでなく社会人としてのマナーやヒューマンスキルについてなど充実の内容です。

社内会議やルールなどを共有することもできるので社内共有にも効果的です。


「きょういくん」の詳しい内容についてはこちらから

https://tatsujin.tech/kyouikun/


まとめ

これからの時代は不動産テックをどれだけ活用できているかで差が生まれると言われています。

不動産テックにも様々あり、解決できる課題も違うので会社の成長のためにもぜひこの機会に不動産テックの導入を検討してみてください。





不動産テックサービス紹介

不動産テックのTATSUJIN

業務プロセスを改善することで生産性を飛躍的にアップさせ、不動産業界全体他の変革を目指します。 不動産業務にIT・テクノロジーを導入し、業務プロセスを改善する事で生産性を飛躍的にアップ!無料WEBセミナー開催中・テレワークに活用可能。

おすすめ記事