検索ボタン
TOP > ビジネス  > 社員教育で強い不動産組織を作る-効果的な研修方法と行うべき施策

社員教育で強い不動産組織を作る-効果的な研修方法と行うべき施策

このエントリーをはてなブックマークに追加
社員教育で強い不動産組織を作る-効果的な研修方法と行うべき施策


最新の社員教育の現状を解説します!

企業が社員の成長を目的として行う「社員教育」は会社の成長の要となるものです。

今回は新しい形も生まれている社員教育の目的や効果的な方法、また不動産業界の社員教育に役立つ不動産テックをご紹介します。


〈目次〉

社員教育とは
社員教育の重要性
社員教育の具体的なステップ
 ー現状把握
 ー目標設定
 ー課題提起
 ー振り返り
社員教育の効果的な方法
 ーOJT
 ーOff-JT
 ー1on1
 ーeラーニング
社員教育に特化した不動産テック「きょういくん」
まとめ


社員教育とは

社員教育とは、働くうえで必要な知識を企業が社員に対して提供することです。

仕事に必要な知識や組織の人間としての意識を習得させるため、社員教育を行っている企業がほとんどであるかと思います。

形式としては一般的な集合研修だけでなく、幅広い種類の教育方法があります。

現代では人材の不足やIT化が進み、仕事の専門化が進んでいるため、入社時だけでなく中途社員なども対象とした総合的な社員教育が求められています。


社員教育の重要性

社員教育とは上記で述べた通り「企業が社員に対して与える教育」のことであり、以下2つの意味で重要性があります。

・会社の業績や利益、事業の拡大
・社会貢献できる人材への育成

社員を教育する第一の目的は多くの利益を創出して、事業を拡大していくことです。

「利益はそこそこでいい、事業規模も今のままでいい」のであれば、わざわざ社員を雇って教育する必要性はありません。


教育が大事とは言え、「自社で活躍できる人材に育ちさえすればいい」という考え方はよくありません。

社員を雇っている以上、その人の人生も背負っているのです。

社員教育には、その人がどの会社でも通用するビジネススキルを身につけられるように手助けするという「社会的意味」も込められています。

よって、社員を雇っていながら「全く教育しない」「育成に力を入れない」のは問題であり、論外です。

自社のためにも、社会のためにも、質の高い社員教育を行いたいものです。


社員教育の具体的なステップ

社員教育はただ闇雲に進めていても意味がありません。

その対象となる人材の能力に応じた目的に沿って指導していく必要があります。

そこで、社員教育のプロセスを具体的に4つ挙げてご紹介します。


ー現状把握

まずは、社員教育の対象となる社員のスキルレベルを把握しておく必要があります。

業務態度や会話の中から、その人に不足している部分を明確にしましょう。

教育は、その不足部分を穴埋めするように実施していくのが効率的です。


ー目標設定

単に「頑張る!」という気概だけでは、社員の成長は実現できません。

社員には成長のためにそれぞれ目標を持たせましょう。

一定件数の顧客先訪問や期限を設けた企画書の作成など、達成・不達成の判断基準が明確な目標を設定することが重要です。

この目標設定においてのポイントは、小さな目標から徐々に大きな目標へと推移していくことです。

重要なのは業績ではなく、社員に達成感の連続でやる気を芽生えさせることです。


ー課題提起

社員が課題に直面した場合に備え、教育担当としては課題解決につながるヒントのみを与えて本人に考えさせるべきです。

最終的には教育担当の手を離れ、自分で考えて決断できるように成長しなければなりません。

特に新入社員の中で問題に直面した社員には、「なぜその問題が顕在化したのか」を考えさせましょう。


出てくる答えに繰り返し「なぜ?」と理由を問いかけることで、全方位から隙のない解決策に到達します。

倫理的に思考するプロセスも同時に身につくはずです。

プレイヤーとして秀でている教育担当者ほど、すぐに直接的な解決策を授けてしまったり、「自分がやったほうが早い」と教育自体を放棄してしまったりすることもあるかと思います。

将来的な戦力増加を考えるならば、その気持ちをこらえて社員の考える姿勢を育てるのが賢明です。


ー振り返り

特に入社したばかりの新入社員や中途社員には、新たな職場環境への適応や同期・上司との関係構築、業務上の知識向上など、こなさなければならない多くのタスクがあります。

そんな中、自己反省し成長していくのは容易ではありません。

適切なフィードバックを行うのも教育担当の仕事です。


フィードバックは「何が良くなかったのか」「もっと効率の良い方法は何か」といった知識を提供できる、いわば「答え合わせ」のようなプロセスです。

相手の悩みを解決することが、その後のコミュニケーションのきっかけになるかもしれません。


社員教育の効果的な方法

社員教育は、目的に合った教育方法や実施内容を選択することで、その効果を最大化させることができます。

ここでは、多くの企業で行われている4つの社員教育の方法をご紹介します。


ーOJT

OJT(On the Job Training)とは、職場での実務を通じて知識やスキルを習得させる教育方法です。

上司や先輩からのフィードバックやサポートを受けながら業務難易度を徐々に高めていき、知識や経験、自信を付けさせることを目的としています。

担当の先輩社員の方が付いてくれる場合もあり、最初の期間は1人でやるというよりも先輩社員を見て実際に少しやってみて学ぶことが多くなっています。


ーOff-JT

集合研修のことを指し、研修や訓練に集中しやすく高い学習効果を期待できるため、OJTのデメリットを補う教育方法と言えます。

集合研修では、専門分野の講師から教わる「セミナー型」と、ディスカッションやロールプレイングを中心とする「ワークショップ型」、その2つを組み合わせた「複合型」があり、受講者に合わせて実施形式を選択可能です。

また、集合研修を外部委託することにより、自社に存在していない知識やスキル、ノウハウの習得が可能となります。


ー1on1

1on1は、週に1回〜月に1回のペースで上司と部下の1対1で行う定期的なミーティングです。

仕事の進め方やそれ以外で困っていることを、上司と対話をしながら解決していくものです。


ーeラーニング

eラーニングとはインターネットを利用した学習方法で、必要なスキルや知識を学ぶ上でいつでもどこでも学ぶことができることがメリットです。

内製で作る企業もありますが、外部のeラーニングサービスを活用するのも1つの手です。

受講態度や反応が見えにくいeラーニングで十分な学習効果を生み出すためには、受講後の確認テストや現場でのチェック、フォローアップ体勢などを社内でしっかりと整備しておくことが重要です。


社員教育に特化した不動産テック「きょういくん」

その種類も増加傾向にあるeラーニングですが、不動産業に特化したeラーニングシステムが「不動産テックきょういくん」です。

社員教育に特化した不動産テックとは社員教育に特化した不動産テックとは 

きょういくんはeラーニングとしての機能もかなり充実しており、さらに不動産業に特化した知識をつけることも可能です。

そのため、不動産会社の社員教育にはもってこいの不動産テックなのです。

このきょういくんの特徴としては以下の4つが挙げられます。

・不動産業界の専門性の高い知識・ノウハウの学習が可能
・手軽に受講可能であり、空き時間を有効化
・繰り返し学習可能&テストで理解度チェック
・受講者のレベルごとに必須授業の設定可能

動画講義のため、PCはもちろん、タブレットやスマートフォンでいつでもどこでも学習することができ、自分の「スキマ時間」での学習が可能です。

また、各講義の最後にはテストが設定されています。

テストはランダム出題で自動採点されるため、自身の理解度を確認することができます。

こういった1アクションがあることは、気持ちの切替えにもなり、学習の向上にも繋がります。


この不動産テック「きょういくん」を導入したことにより毎回授業を行わなくて済むため、コストの削減が実現できます。

また、WEB上で視聴管理が行えるため、管理者の教育管理時間の短縮にも繋がり、より生産性の高い業務に取りかかることができます。


不動産テックきょういくん公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://tatsujin.tech/kyouikun/


まとめ

企業にとって社員教育は、戦力増加のためにも非常に重要なものです。

社員教育の方式は現在様々なものがあるため、企業ごとに自社に最適なものを選択する必要があります。

今回ご紹介した不動産テック「きょういくん」のように、業界や分野ごとに特化した社員教育ツールも登場しています。

一度eラーニングの活用をご検討してみてはいかがでしょうか。





不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

不動産会社向けE-ラーニング『きょういくん』の全てが分かる1冊!


不動産会社向けE-ラーニング『きょういくん』サービス紹介資料無料プレゼント中!


きょういくん加盟店成功事例!


無料でもらえる!きょういくん加盟店の新入社員教育成功事例集プレゼント!



おすすめ記事