検索ボタン
TOP > 不動産業界トレンド  > 不動産テック導入のポイントとは?

不動産テック導入のポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産テック導入のポイントとは?


不動産テック導入に関するポイントを紹介!

ご存知の方も多いと思いますが、最近の不動産業界では不動産業務をテクノロジーで改善していく「不動産テック」というサービスが流行っています。

しかし、「不動産テックは知っているけど実際にどういう効果があるの?」「取り入れるにはどうすれば良いの?」と思っている人も多いと思います。

そこで今回は実際に不動産テックを導入する際のポイントについて紹介します。


〈目次〉

不動産テック導入の必要性
不動産テック導入の効果
  業務効率の向上
  集客率アップ
  事業拡大
不動産テック導入のポイント
  DX(デジタルトランスフォーメーション)を意識する
  To be発想を持つ
  現状を分析する
  クイックヒットを打つ
まとめ


不動産テック導入の必要性

不動産テックが盛り上がってきた背景には不動産業における課題「労働生産性の低さ」と「ITリテラシーの低さ」があります。

今までは人海戦術でアポを取りにいったり顔見知りの間でのやり取りだったので、ITが必要とされず、一般的なイメージの”街の不動産屋さん”でもやっていくことができていました。

ですが、現在は人口が減少してきており不動産を必要とする人の数も当然減ってきています。

そこで効率や生産性を上げたり、他の物件よりどれだけうまく売り出すかということが重要になってきているのです。


不動産テック導入の効果

不動産テックを導入することで不動産会社に様々なメリットがありますが、大きく分けると効果は以下の3つです。

・業務効率の向上

・集客率アップ

・事業拡大


業務効率の向上

不動産テックによって業務効率が向上不動産テックによって業務効率が向上 不動産会社の中には未だに紙ベースで仕事をしていたり、手作業でデータを入力するなど効率の悪いやり方をしているところが多く存在します。

不動産テックによってデジタル化を進めることで効率的な業務の遂行が可能となります。

具体的には建物点検をスマホで行ったり、社内マニュアルをWebで管理するなど業務改善が目的の不動産テックは多く存在します。

以下業務改善をサポートする不動産テックのリンクです。

興味のある方はこちらからどうぞ。

建物点検アプリこちら

賃貸管理のWebマニュアルこちら

外壁診断・提案書作成システムこちら

不動産会社向けeラーニングこちら


集客率アップ

不動産テックで集客力がアップ不動産テックで集客力がアップ 昔は不動産屋の入り口に貼られたチラシで物件情報を紹介していましたが、今は物件ポータルサイトなどを通してより多くの人に物件を紹介できるようになりました。

このポータルサイトも不動産テックに入ります。

また、最近ニュースでも話題となっているバーチャルで内見ができるサービスなどを通してよりお客様に物件の魅力を伝えることが可能となっています。

効果的に不動産テックを活用することでより集客できるようになります。


事業拡大

不動産テックの導入で事業拡大が望めることも不動産テックの導入で事業拡大が望めることも  今までは不動産の管理、仲介などそれぞれの業務に特化した会社も多く存在していました。

しかし、不動産テックによって人員を多く割かなくとも業務をすることが可能となるので、その人員を他の新しい事業に当てたり、新たに取り組みたい分野に不動産テックを導入するなど業務の幅を広げることが可能となります。


不動産テック導入のポイント

「不動産テックをいざ導入!」と意気込みはするものの実際にはうまく行かないことが多いです。

以下で不動産テックを導入しようとする際に押さえておきたい重要なポイントについてご紹介します。


DX(デジタルトランスフォーメーション)を意識する

DXを意識しておくDXを意識しておく  DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル技術の浸透によって人々の生活をより良いものへと変える」考え方です。

デジタル技術を導入することで業務効率や生産性が上がるということはイメージしやすいと思います。

いきなり「不動産テックで改革!」と意気込んでも対応しきれないことが多いので、まずは「仕事をデジタルに移行する」ことを意識しましょう。


To be発想を持つ

To be発想を持つことが重要To be発想を持つことが重要 中小企業においてデジタルへのシフトが遅くなる原因としてAs Is発想(現状の課題を解決するための手段を決める)になってしまっていることが挙げられます。

端的に言うと「今はそれどころではないから後回し」と言うことです。

対してTo be発想は、「将来を見据えてあるべき姿のイメージして、そこから今行うべきことを考える」ものです。

今後企業がどうなっていくのが理想なのかを考えることで自ずとデジタルシフトの重要性がわかってくると思います。


現状を分析する

現状を分析する現状を分析する  企業が置かれている現状をしっかり理解し分析することでこれから何が必要となるのかを把握しましょう。

管理の仕組みに問題があるのか、集客率が悪いのか、抱えている問題を全て洗い出すことが必要となります。

不動産テックにも様々あるので、現状の課題や問題点から今後どういったことをやっていきたいのかを考えた上で必要なものを選択することが重要です。


クイックヒットを打つ

クイックヒットを打つことを意識クイックヒットを打つことを意識 不動産テックには今までの不動産業をガラッと変えるような画期的なものが多く存在します。

実際導入することで大きく業務改善ができた企業も多く存在しています。

しかしその分、不動産テックに期待をしすぎたり、大きな成果を得たいと思うがあまり空回りしてしまうことも少なくありません。

そのため、導入をしても小さな業務改善や業務改革を積み重ねていくようイメージすることが重要です。

一度に全てを変えるのは難しいので、細かくクイックヒットを打つことを意識しましょう。


まとめ

不動産テックを導入することで様々な効果が得られますが、うまく扱うことができなければ”宝の持ち腐れ”となってしまいます。

効果的に活用するためにもまずは導入する上でのポイントを押さえて考え方、向き合い方から変えていきましょう。





不動産テックサービス紹介

不動産テックのTATSUJIN

業務プロセスを改善することで生産性を飛躍的にアップさせ、不動産業界全体他の変革を目指します。 不動産業務にIT・テクノロジーを導入し、業務プロセスを改善する事で生産性を飛躍的にアップ!無料WEBセミナー開催中・テレワークに活用可能。

おすすめ記事