検索ボタン
TOP > 不動産業界トレンド  > 不動産テックを活用して行う満室経営とは!?

不動産テックを活用して行う満室経営とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産テックを活用して行う満室経営とは!?


空室対策に最適な不動産テックをご紹介!

空室問題が深刻化する中、賃貸物件を満室にするためには不動産テックの導入が効果的です。

今回は、満室経営を支援する不動産テックとその機能をご紹介します。


〈目次〉


不動産経営の現状
 ーオーナーが抱える悩み
 ー今後の賃貸経営
満室経営へ導く不動産テックの機能
満室提案をEラーニングで学ぶ
不動産テックで外壁診断・提案
不動産テック活用による業務効率化
まとめ


不動産経営の現状


ーオーナーが抱える悩み

不動産オーナー様のお悩みはどんどん増えています。

「最近は決まるのが遅く、一度空くと次まで決まらない」
「家賃を下げているのに、まったく決まらない…」
「新築がどんどん建っていて、これから古い物件は大丈夫なんだろうか‥」
「人口が減少している中、賃貸経営はどうなるのか」
「生活保護者が増えており、今後の賃貸経営が不安だ」

このような相談を受ける不動産会社様も多いのではないでしょうか?


ー今後の賃貸経営

日本の人口は2005年の1億2777万人をピークに減少に転じています。

減少率は年々増加傾向にあり、このまま人口が減り続ければ、2050年には1億人を下回り2060年には日本の人口は約8674万人程度になると予測されています。

これは、ピーク時と比較すると約70%(約3800万人減少)程度の人口であり、アパート・マンション経営にとって厳しい時代の到来を予測させています。


世帯数に関しては、世帯規模が縮小し、未婚化・晩婚化・離婚の増加による「単身世帯」の増加や「夫婦のみのディンクス世帯」「一人っ子世帯」が増加していることから、2015年までは緩やかに増加傾向にありました。

しかし、今後は世帯数も減少していくと予測されています。


その結果、このままのペースで新築が増加していけば、2040年には空室率が40%超になるといわれています。

今後の空室率の推移今後の空室率の推移 まさに賃貸経営はデフレスパイラルに突入しているのです。


満室経営へ導く不動産テックの機能

満室経営を実現するために改善が必要な提案リストや提案内容、提案履歴をAIが管理する空室自動提案ソフト&AI「まんしつじ」の機能をご紹介します。


改善提案&ファイナンス自動分析


改善提案&ファイナンス自動分析改善提案&ファイナンス自動分析 

類似物件と比較しての賃料査定や、改善提案書を自動作成します。

オーナー提案の手間の削減と、提案力の向上が可能となります。


オーナー情報&空室提案管理


オーナー情報&空室提案管理オーナー情報&空室提案管理

オーナーの情報や所有物件全体の状況、空室に対する提案の状況や進捗がしっかり管理できます。

提案書の雛形もダウンロードが可能です。


提案履歴管理


提案履歴管理提案履歴管理 

オーナー、物件毎に、提案内容や結果、その際の提案資料や会話の録音データなどが格納でき、担当者が変わっても過去の提案内容を理解することができます。


目標&売上数値管理機能


目標&売上数値管理機能目標&売上数値管理機能 

担当者毎に売上実績、受注率、空室改善率などの把握ができます。

現在進行中の案件の管理や次の提案、訪問予定などの行動が明確になります。


空室アラート機能


AIがポップアップで空室アラートを出してくれるので、抜けがなく最善のタイミングで空室改善の提案を行うことができます。


エリア毎の空室提案受注分析


指定エリアの提案受注率がグラフ化されます。

各店舗の設備毎の提案受注率なども確認でき、商品内容見直しや提案力強化の研修などをピンポイントで行えます。


退去報告から提案まで自動でメール配信


退去があった物件に対し、上記の機能で提案書を自動で作成し、登録してあるオーナーのメールアドレスに退去報告と合わせて自動で配信が可能になります。※別途管理システムとの連携が必要となります。


満室の窓口公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://manshitsu.life/

くうしつたいさくん公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://retech-network.com/kushitsutaisakun


満室提案をEラーニングで学ぶ

満室提案に関する知識やノウハウをEラーニングで学べる不動産テック「きょういくん」を活用することで、効率よく提案を行う人材が育ちます。

不動産テックきょういくん不動産テックきょういくん 

きょういくんでは動画をWebページで閲覧できるので、インターネットが繋がれば、パソコンやスマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスからいつでも受講することができます。


また、単元ごとに自動採点のテストを行うことで理解度チェックをします。

合格しないと次の講座に進めない仕組みであり、確実に知識を身につけることができます。

管理画面から学習進捗を一括で管理することもできる自由度の高い不動産テックです。


きょういくん公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://tatsujin.tech/kyouikun/


不動産テックで外壁診断・提案

スマートフォンで簡単に外壁の劣化診断を行い、自動で外壁修繕の提案書を作成する不動産テック「がいへきんぐ」の導入も、空室対策には非常に効果的です。不動産テックがいへきんぐ不動産テックがいへきんぐ  がいへきんぐのポイントは以下の5点です。

① 一級建築士監修の外壁診断チェックリスト

外壁の現状をプルダウンメニューから選択すると、一級建築士が監修した提案の文言を自動表示します。

専門知識がなくてもプロの外壁診断書が作成できます。

② 外壁デザイン事例収録

専門のデザイン会社が過去に施工を行った物件のパース図と色指定表を閲覧することができ、成功事例と同様のデザイン性の高い物件に仕上げられます。

③ 現状をグラフで表示

現状をグラフで表示することにより、健全箇所と修繕が必要な箇所が一目瞭然です。

定期的な提案で、月日とともに劣化することが理解でき、受注に繋がります。

④ 点検しながら診断書がすぐ作れる

スマートフォンやタブレットで操作出来るため、物件確認をしながら写真を撮影して、現状を選択するだけでスピーディに外壁診断書が作成できます。

⑤ 業者にIDを発行できる

物件を回る業者にIDを振り分け、現地に行った際に外壁診断書を作成してもらえます。

オーナー情報は閲覧できないようになっており、情報漏えいの心配もありません。


不動産テック活用による業務効率化

今回ご紹介した不動産テックを空室対策に導入することで、大きな時間の削減に繋がります。

・満室提案の提案書の作成にかかる時間 → 83%CUT
・外壁診断書の作成にかかる時間 → 74%CUT
・満室スタッフ育成に要する時間 → 83%CUT


実際に満室の窓口にご相談いただき満室提案をされた不動産会社A社様(管理戸数1万戸)の場合、これらのテクノロジーの導入により年間188日相当の時間を削減されました。

これは関連業務時間の81%をカットすることができたということになります。


がいへきんぐ公式ウェブサイトはこちら

▶︎http://consulting.crasco.jp/gaiheking


まとめ

今後も深刻化していくと考えられる空室問題の改善には、不動産テックの導入が重要な鍵となります。

業務が多い不動産業界だからこそ、テクノロジーの力を借りて無駄を省きつつ、オーナー様のお悩みをより多く解決していきましょう。





不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

満室の窓口加盟店成功事例!


無料でもらえる!満室の窓口加盟店の管理受託成功事例集プレゼント!


不動産会社向けE-ラーニング『きょういくん』の全てが分かる1冊!


不動産会社向けE-ラーニング『きょういくん』サービス紹介資料無料プレゼント中!


きょういくん加盟店成功事例!


無料でもらえる!きょういくん加盟店の新入社員教育成功事例集プレゼント!



外壁診断・提案書作成システム『がいへんきんぐ』の全てが分かる1冊!


外壁診断・提案書作成システム『がいへんきんぐ』サービス紹介資料無料プレゼント中!



がいへきんぐ加盟店成功事例!


無料でもらえる!がいへきんぐ加盟店の外壁提案成功事例集プレゼント!



おすすめ記事