検索ボタン
TOP > 不動産業界トレンド  > 空室を抱えた賃貸物件を満室にする仕組みとは!?

空室を抱えた賃貸物件を満室にする仕組みとは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
空室を抱えた賃貸物件を満室にする仕組みとは!?


満室を実現する空室対策をご紹介!

少子高齢化の加速に伴い、賃貸物件の空室率は急速に上昇しています。

そのような中でも満室を実現する仕組みをご紹介します。


〈目次〉


満室経営を実現する窓口とは
空室対策の3つのポイント
 ー入居率アップ
 ー物件価値を維持
 ー物件力アップ
当社での取り組み
利用者の声
まとめ


満室経営を実現する窓口とは

今回は、空室が増加する日本の賃貸住宅を満室にする全国プロジェクト「満室の窓口」をご紹介します。

空室改善のための満室の窓口空室改善のための満室の窓口 

満室の窓口では空室に困ったオーナーさまへ、データやロジックに基づいた的確な空室改善をご提案します。

賃貸経営や相続の知識、顧客ニーズなどあらゆる情報を包み隠さず提供し、オーナーさまのお役に立つ相談窓口です。

満室経営を実現するために必要なノウハウを「システム」(AIとテクノロジーを活用した空室改善システム)&「不動産経営改善士」(満室経営をサポートするスタッフの資格取得の育成プログラム)を取得したスタッフによる、的確な空室改善のご提案により満室経営を実現します。


満室の窓口公式ウェブサイトはこちら

▶︎https://manshitsu.life/


空室対策の3つのポイント

満室の窓口が提供する空室対策のポイントを3つに分けてお話しします。


ー入居率アップ

AI(人工知能)を活用した的確な空室提案を行います。

競合物件の情報や顧客ニーズ、立地、収支分析、過去の成功事例など総合的なデータから、不動産経営改善士がAIを活用して最適な空室改善案を導き出します。


入居率アップのための空室対策に効果的な不動産テックはこちら

▶︎https://retech-network.com/kushitsutaisakun


ー物件価値を維持

定期的な物件巡回と、精度の高い報告を行います。

人気物件に導くための物件診断チェックリストを独自設定し、物件定期巡回を行います。

精度の高い報告と物件改善提案が可能です!


物件巡回と改善提案に効果的な不動産テックはこちら

▶︎http://consulting.crasco.jp/kirokun


ー物件力アップ

外壁診断と、デザイン性の高い修繕提案によって物件力を高めます。

外壁の傷みは早めの対処が肝心です。

そして、塗装する際は物件を魅力的に見せるデザインにすることが重要となります。

一級建築士監修の外壁劣化診断ソフトで、迅速でデザイン性の高い外壁修繕のご提案が可能です。


外壁診断と修繕提案に効果的な不動産テックはこちら

▶︎http://consulting.crasco.jp/gaiheking


当社での取り組み

満室の窓口では上記の取り組みの他に、外出自粛中でも開催可能な全国の加盟店様とのオンライン共有会を行い、管理受託の取り組みや新型コロナウイルス対策についてなど情報交換の場も提供しております。

加盟店様には、管理受託のお役立ち情報などを載せた「満室ニュース」や「DM・チラシの雛形」などを提供させていただいております。

空室対策を紹介する満室ニュース空室対策を紹介する満室ニュース 

また、定期的にオーナー様へ向けた勉強会を開催し、オーナー様にも取得いただける資格制度をご用意しています。

この勉強会では投資理論、顧客ニーズ、税制、相続など賃貸経営に関する情報を包み隠さずお伝えします。

オーナー様にもご好評をいただいており、勉強会の満足度は97%です。


利用者の声

満室の窓口をご利用いただいているお客様からの声を一部ご紹介します。

○ アパートオーナーA様

「満室の窓口」のセミナーや勉強会に参加するようになり、学んだことを賃貸経営に活かせるように出来る限りすべて参加するようにしています。

アフターフォローがとてもしっかりしていて、なんでも一番に相談しています。

良いアドバイスをして頂けるのでいつも頼らせてもらってます。


○ マンションオーナーI様

将来を見据えて何部屋か改築しようと思い、いくつかの不動産会社を回っていたところ、この店舗と出会いました。

以前の不動産会社では「何となくこんな間取りだったら多分入ります」と、何を聞いても曖昧な答えしか返って来なかったのですが、この店舗では最新のお客様の動向や設備ニーズ等を丁寧に教えてくれて、その通りに改修したところ、すぐに入居が決まり、居住者からも大変好評頂いています。


○ アパートオーナーK様

賃貸経営をする中で「時代の変化」をより意識し、新しいことに挑戦していく経営をする事が何よりも重要だと思っています。

「満室の窓口」のセミナーや勉強会で、これから必要となる設備や時代のニーズなど、最新情報教えてもらえることで、時代の流れに合った経営が出来て大変助かっています。


まとめ

人が減り住宅は増えている現代でも、時代のニーズに合わせて物件の価値を上げることで賃貸物件を満室にすることができます。

そのためにはオーナー様とのコミュニケーションも非常に重要となってきます。

オーナー様や他の不動産会社とも連携をとりながら、効果的な空室対策を行っていきましょう。





不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

満室の窓口加盟店成功事例!


無料でもらえる!満室の窓口加盟店の管理受託成功事例集プレゼント!


おすすめ記事