検索ボタン
TOP > 賃貸  > 女性の賃貸営業のリアルな現状とは!?

女性の賃貸営業のリアルな現状とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の賃貸営業のリアルな現状とは!?


女性の賃貸営業の本音を公開!

近年、不動産業界でも女性の積極的な採用が進んでいます。

男社会であった不動産業界のなかで働く女性の賃貸営業は、実際に働きやすいと感じているのか?

リアルな声をご紹介いたします!


〈目次〉


女性の賃貸営業の増加
リアルな女性の賃貸営業の現状
 ーお客様からの見られ方
 ー仕事面での男性との差
女性が働きやすい環境とは
女性の賃貸営業のリアルな声とは
まとめ


女性の賃貸営業の増加

不動産業界の営業と聞くと、かつては男性のイメージが強く、男社会だと思われている方も多いことと思います。

しかし近年、不動産業でも女性の積極的な採用が見受けられるようになりました。

下のグラフは、女性を新規採用した企業における新規採用者に占める女性の割合の分布を示したものです。一般財団法人土地総合研究所より一般財団法人土地総合研究所より 

不動産業界においては、女性採用企業の多数において採用者の8割以上を女性が占めています。

当社(株式会社クラスコ)においても賃貸営業には女性社員も多く、女性の活躍を推進するため女性にとって働きやすい環境を実現するよう努めております。


リアルな女性の賃貸営業の現状

賃貸営業は以前までそのほとんどが男性であったため、いまだに男社会のイメージが残っています。

そこで、接客時や業務をしている中で賃貸営業の仕事には男女差があるのかについてお話しさせていただきます。


ーお客様からの見られ方

男社会のイメージだと、接客時にお客様から女性の営業を煙たがられ、男性に変えてほしいと言われることもあるかと思いがちです。

しかし最近では、むしろ逆のことの方が多いです。

人当たりがいい女性の賃貸営業はお客様がなんでも聞きやすく、営業に向いていると言われています。


また、女性のお客様だと物件案内に行く際に男性の賃貸営業と2人きりになるのが嫌だという方もいるため、女性の賃貸営業に変えてほしいという場合もあります。


女性だからとお客様に横柄な態度を取られることもあるかと思いますが、最近はそのように考えるお客様も減っています。

女性だからというよりも若いからという理由で、タメ口で話したり口調が強くなったりするお客様がたまにいるようです。

基本的にはお客様は皆さん丁寧に話してくれると思うので、横柄な態度でこられても丁寧に対応できることが大切です。


ー仕事面での男性との差

不動産会社と一言で言っても会社によって異なりますが、賃貸営業という仕事はそれぞれ個人で業務をすることが多いので、女性の賃貸営業が男性よりも事務仕事が多いなどという男女差別の問題は起こりにくいです。

しかし、「少し掃除をしよう」「コーヒーを入れよう」などのちょっとしたことにはやはり女性の方が気が付きやすいので、そこで女性にだけ動かせるのではなくその負担を社員みんなで分けるように心がけることが大切です。


仕事に関して男女での差はありませんが、大きい法人のお客様などが相手の時は、慣れている人やベテランの人に出てもらうということはどの不動産会社でもあると思います。

このように新人や若い社員にはまだ早い仕事というものもあるので、経験値を積んでいくことが重要なのです。


女性が働きやすい環境とは

女性の賃貸営業が働きやすい不動産会社とは、どのような会社でしょうか?

不動産会社は店舗ごとに少数で配属されていることが多く、上司に意見を聞いてもらえる機会が他の業種と比べて多いため、女性に限らず若い人も働きやすい環境であると言えます。

また、当社では上下関係がそこまではっきりとしていないため、若い女性社員でも意見を聞いてもらってすぐに実行に移すことができるという点を強みとしています。

男性だから、女性だから、ということを誰も考えなくなることが理想ですね。


女性の賃貸営業のリアルな声とは

ただ仕事内容などをまとめた記事では聞けない、女性の賃貸営業のリアルな声をお届けいたします。


結婚などについて


不動産会社は一般的な土日休みではなく、水曜日がお休みであることが多いです。

そこで、結婚相手として同業者を選ぶ方もいるようです。

不動産関係の仕事をしている方だと、将来家を買うときにも詳しくて助かる、ということもありそうです。

お客様に連絡を聞かれることも賃貸営業では充分にあり得ます。

滅多にないかもしれませんが、そこで恋人を作るということも女性の賃貸営業の一つの理想なのではないでしょうか。


また、結婚の際に寿退社をするという女性も多いとは思いますが、結婚後には既婚者・子持ちの家族という新しい視点でお部屋探しをするお客様に寄り添えることもあり、賃貸営業をする強みとなります。

結婚後も賃貸営業を続けるというのも、実績がさらに上がって良い選択となり得るのです。



繁忙期の美容対策


賃貸営業は、繁忙期にはどうしても帰りが遅くなりがちです。

そのため睡眠時間が取れず、生活習慣の乱れにより肌もガサガサになってしまいます。

その解決策として、遅くまで残業をするのではなく早めに帰って、朝早く起きて早めに出社することをお勧めします。

早く寝ることは、体にとってとても重要です。

肌荒れを防ぐためにもストレスを溜めないことが大事なので、疲れた日は岩盤浴などにいくのも良いリフレッシュになります。

自分なりの体の休め方や働き方を見つけてみましょう。


まとめ

女性の賃貸営業は増えてきています。

また、元は男社会であった不動産業界でも女性差別はなくなりつつあり、むしろ女性の方が好まれることもある程です。

男性女性関係なく働きやすい環境づくりが重要となるため、会社全体で取り組んでいきましょう。





おすすめ記事