検索ボタン
TOP > 賃貸  > 不動産会社がホームページで反響を取る方法

不動産会社がホームページで反響を取る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産会社がホームページで反響を取る方法


不動産会社がホームページで反響を取る方法を徹底解説!

ほぼ全ての不動産会社が持っており、かつ一番反響につながっているものが何かご存知でしょうか。

それは「ホームページ」です。

一昔前であれば近所の不動産会社にいって部屋を探してもらうのが普通でしたが、今はネット上で、特に不動産会社のホームページで探すという人がとても多いです。

そのため、しっかりと考えてホームページを作らなければ、他の会社に差をつけられてしまうことになります。

今回は、反響が取れる不動産会社のホームページ作成のコツをご紹介します。


<目次>


反響が取れる不動産会社のホームページ作成のコツ
ー ホームページをきれいにする
ー 問い合わせボタンを最適な位置に置く
ー 色を統一する
ー 営業の雰囲気を消す
まとめ


反響が取れる不動産会社のホームページ作成のコツ


ー ホームページをきれいにする


ホームページを作成・運用する上ではホームページをきれいにすることが一番重要です。

つまりどういうことかというと、「デザインを新しくする」「頻繁に更新する」ということです。


不動産会社の中には昔からずっと同じデザインのホームページを使い続けているところがありますが、それでは反響につながりません。

ホームページ=会社の第一印象なのでデザインを新しくすることをオススメします。


また、更新がされていないホームページも途中で見る気を無くしてしまいます。

毎日は難しいですが、せめて週に一回は更新するようにしましょう。



ー 問い合わせをわかりやすい位置に置く


不動産会社によくありがちですが、問い合わせボタンがわかりづらいところにあるのも反響を減らす原因です。

せっかく興味を持ってくれたのに、どこから問い合わせれば良いかわからないホームページだとお客様を逃してしまうことになりかねません。


問い合わせへのリンクをページの一番上に置く、バナーにするなどわかりやすい工夫をする必要があります。



ー 色を統一する


ホームページに使用する色を何色かに決め、基本的には全てのページでそれを統一するようにしましょう。

色を統一することで訪問者の印象に残りやすくなりますし、安心感も与えられます。
逆に、ページが変わるたびに配色が違っていると訪問者に違和感を与えてしまいます。


また、ホームページの色をブランドカラーにすることでブランディングもできるのでより効果的です。

不動産会社の数は多いので、まずは社名よりも色で覚えてもらうことが重要になります。



ー 営業の雰囲気を消す


まだ具体的に利用を決めていないお客様の中には、「しつこい営業をされるんじゃないか」と考えている方が多くいます。

そういった方たちの心理的ハードルを下げることで反響を増やすことができるようになります。


お問い合わせページのお客様情報入力フォームの項目を可能な限り少なくしたり、キャンペーンの連絡を送ってもよいかの確認項目を入れることでハードルは下がります。

「不動産会社は営業の連絡を頻繁にしてくる」というイメージを持っている人がいるのでケアしておくことが重要です。


まとめ

反響の取れる不動産会社のホームページはこれらのポイントを意識して作成・運用されています。

大事なのはお客様の目線で「どういったホームページなら嫌か」を考え、そうならないように改善することです。

一番お客様の目に付くのはホームページなので、まずはホームページを改善し、反響アップの下準備をしていきましょう。





おすすめ記事