検索ボタン
TOP > ビジネス  > テレワーク時代のビジネススキル

テレワーク時代のビジネススキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレワーク時代のビジネススキル

【テレワーク時代に求められるビジネススキル】

新型コロナウイルスが世界中で蔓延し、人との接触を断つために外出自粛要請が出されました。

それに伴い、人と会わないビジネスが台頭してきており、働くことの形が変わってきています。

スプリット勤務サテライト勤務自宅勤務など様々な形式が導入され、それに伴ってビデオ通話などの技術が注目されたことで、飛躍的な進歩を遂げています。

そして、コロナが収束してもテレワークをそのままスタンダードにするという会社も出てきており、今後働き方そのものがコロナ前とは変わってくると予想されます。

俗に「テレワーク時代」と呼ばれるように、人と会わずに働く仕事が増えてくると予想されています。

今回は、テレワークを行うビジネスパーソンにはどういったスキル能力が必要となるのかについてご説明します。


<目次>


コミュニケーションスキル
管理スキル
ツール理解力
まとめ


コミュニケーションスキル

テレワークで働く場合、同じ会社・チームの人や関係先の人とコミュニケーションを取る手段は、チャット電話ビデオ通話などになります。

人と直接会って仕事をしないので、その分コミュニケーションスキルが重要になってきます。


まず大事になってくるのが雑談力です。

人との良好な関係はまず雑談から始まります。

普段対面では雑談をすることがあってもチャットや電話では仕事の話のみになりがちです。

ビジネスの話に入る前に近況報告を挟んだり、流行りのオンライン飲み会などをすることで信頼関係を築けるように働きかけましょう。


また、対面でない分、相手の感情や場の雰囲気がわかりづらくなります。

適度にあいづちを打ったり、うなずく事で相手に自分は話を聞いているという意思表示をすることが必要になります。

対面の時よりも伝わりづらいので、大きめにリアクションを取ると良いでしょう。


管理スキル

テレワークでは周りに人が少ない、もしくはいない状態で仕事することになるので、だらけたりサボってしまいがちです。

それらを予防するためには、スケジュール管理をしっかり行い、細かく段取りを組むことが大切です。

その際に、具体的な数字を入れることでメリハリがつくだけでなく、目標としての役割ももつようになります。


また、そのスケジュールや段取り、仕事の進捗などもチーム全員が見えるようにすることも重要です。

コミュニケーションが薄くなる分、業務の被りであったり、漏れも起こりやすくなってしまうので、そのケアをしておきましょう。


そして、ビジネスパーソンとして時間の使い方にも気を配りましょう。

通勤など移動が必要なくなり時間が浮くので、その分の時間を効果的に使うことで差が生まれます。

その時間を情報収集読書などに時間を使うと効果的ですし、資格にチャレンジしてスキルアップを図るのも良いでしょう。


ツール理解力

テレワークではミーティングをテレビ電話で行ったり、書類ではなくオンライン上のデータでやりとりをすることになると思います。

その際にそれらツールの使い方や機能などを理解できていなければ、業務効率が落ちてしまいます。

生産性を対面で仕事をするのと同じもしくはそれ以上に高めるためには必須のスキルとなります。

業務をする上で必要なツールは何か、またその機能は何かを把握しましょう。

業務で最低限必要なものだけでなく、さらに効率的に進めるためには何があるかという意識を持つことも重要です。


オンライン会議や基本的なクラウドサービスはビジネスでよく利用されていますが、それ以外にもオンラインで名刺を交換するアプリや、勤怠管理システムなど多くのITサービスがあるので業務に適したものを探して取り入れてみましょう。


まとめ

テレワークは人と直接会う必要がなく遠隔で仕事ができる分、難しい面も多く持ち合わせています。

しかし、ビジネスパーソンとしてはせっかくテレワークを行うなら集まってビジネスをするよりも効率的に進めたいものです。

そのためには、どうすればよりよく働けるのかを常に考え、行動することが重要です。

今回は、テレワークをする際にどういったスキルが必要となってくるかについて説明しました。

これからの時代を生き抜くために、個々人のエンゲージメントを高め、生産性を上げていきましょう。

スキルと言えばプレゼンテーションのスキルも欠かせないですね。


▼こちらの動画も合わせてご覧ください▼





おすすめ記事