検索ボタン
TOP > 賃貸  > VR内見のメリットとは?VR内見ツールを徹底比較

VR内見のメリットとは?VR内見ツールを徹底比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
VR内見のメリットとは?VR内見ツールを徹底比較

『不動産業界の新スタンダード?VR内見!』

ニュースにも取り上げられ、不動産業界だけでなく他業界からも注目が集まっているVR内見。

元々VR内見とは、主に遠隔地のお客様であったり、時間の都合がつかないお客様向けのサービスでした。

ですが、コロナウイルスによる外出自粛のなかで、店舗あるいは自宅で、非対面で内見・内覧を行うことができるサービスとして脚光を浴びています。

現地まで行かなくても良いことでさまざまなメリットがあり、導入するところが続々と増えています。

今回は、これからの不動産業界のスタンダードになりつつあるVR内見について解説、また具体的なサービスごとに紹介していきます。


<目次>
VR内見とは
VR活用のメリット
借主のメリット
貸主のメリット
不動産会社のメリット
VRサービスの紹介
 1.Spacely
 2.THETA 360.biz
 3.Nodal view
   4.ナーブ
まとめ


VR内見とは

VR内見とは、近年不動産業界で導入が進んでいるVR(バーチャルリアリティ=仮想現実)を活用した内見方法です。


VRゴーグルやスマホを使用して、実際に現地に行かなくても、あたかも現地で物件内見をしているかのような体験ができます。


専用の機材で360°のパノラマ画像を撮影しつなぎ合わせているので、平面の写真では味わえない臨場感を感じることができます。


特に最近では新型コロナウイルスの影響で、人と人との接触・対面が避けられているため、営業とお客様がともに物件にいく必要がないVR内見は新型コロナウイルス対策に有効な方法とされています。 


VR内見活用のメリット

次に、VR内見を導入するとどの様なメリットがあるのかご紹介します。

VR内見は借主・貸主・不動産会社の3者にそれぞれメリットがあります。

借主のメリット

人と対面せずに内見・内覧することができます。  


通常の物件内見では、店舗へ来店し、内見したい物件を営業担当と一緒に絞り込み、現地に行って内見を行いますが、VR内見はお手持ちのスマートフォンやVRゴーグルを使って行うので対面での接客はありません。 


また遠方の物件探しをしているお客様にとっては、VR内見で部屋を決めることができれば現地への移動時間や交通費節約になるので、VR内見を提供している不動産業サイトは魅力的です。


さらに、臨場感あるVR内見で関心のある物件を絞り込んでから実際の内見に行けば、期待外れで空振りに終わるといった無駄を防止することができます。

貸主のメリット

退去前のお部屋でも案内することができるようになります。


一度お部屋の360°VR画像を撮影しておけば、たとえ入居者の方がいたとしても内見してもらうことができます。


通常であれば、解約届が出た退去予定のお部屋は内見できませんが、VR内見を使うことによって内見が可能になるので、早期契約に結びつけることができます。


大学進学や人事異動などが多い時期には、特に活躍する内見方法と言えるでしょう。


退去から入居までの期間を極力短くできることにより、収益の最大化、成約率にも繋がります。

不動産会社のメリット


VR内見はまだまだ新しいサービスです。


ですので、「VRで物件の内見ができます」「自宅にいながら内見可能」などの訴求は、お客様の関心を集められます。


VRコンテンツをWeb上で提供することによって、実店舗への集客に繋がる可能性も高まります。


さらに、VR内見できる仕組みを整えることによって、案内業務の効率化を図ることができます。


VR内見はお客様に通常の現地案内よりも多くの物件を見ていただくことができるので、納得した物件選びに繋がります。


また、遠方のお客様や仕事で忙しく来店が難しいお客様に利用していただくこともできるので、今までターゲットではなかったお客様に案内が可能になったり、現地案内を行わないことで案内業務の効率化に繋がり、より多くのお客様の接客を行うことができます。


VRサービスの紹介

ここからは実際に不動産業界で活用されているVRサービスについて紹介していきます。

1.Spacely

Spacelyはスペースリーが提供するVRコンテンツのクラウドソフトです。


クラウド上でデータを管理しているので、マップの埋め込みなどが簡単に行えます。


撮影機材を選ばないもの特徴で、どの機材で撮った画像でも利用可能です。


AIによって画質を調整する機能もあります。


サイトへの埋め込みはURLで行え、スマホやPCなどのデバイスでも利用できます。


コンパクトな独自のVRゴーグルも販売しており、さらには機材選びや撮影の仕方などをサポートしてくれるサービスもオプションで行ってくれます。


どこでもかんたんVR”Specely” 

Specelyについて詳細を知りたい方はこちらをクリック!

 https://spacely.co.jp/

2.THETA360.biz

 THETA360.biz は、リコーが提供するVRコンテンツのクラウドサービスになります。


こちらもクラウド上で画像を管理、保存することで編集・加工が可能です。


さらにVRコンテンツには静止画やテキストを埋め込むこともできます。


THETA360.bizはリコーの提供サービスなので使用可能機材はリコーのシータに限られてしまいます。


ですがその分、細かな操作説明や撮影代行など手厚いサポートを受けることができます。


料金プランはフリープランと有料プラン4つの計5つがあります。


フリープランでは公開上限枚数が少なくなってしまいますが、有料プランになるとその上限も増加、オプションでステージングも可能となっています。


スマートなVR”THETA360.biz” THETA360.bizについて詳細を知りたい方はこちらをクリック!

 https://www.theta360.biz/ 

3.Nodal view

Nodal viewとは欧州を中心に世界20カ国で利用されているVR内見アプリです。


専用アプリと付属品(三脚・広角レンズ・スマホケース)があれば簡単に撮影でき、360°専用のカメラを購入する必要がありません。


明るさの違う写真を最大11枚撮影した後、AIが明るさを最適化し室内も外のロケーションもどちらもちょうどよい明るさに自動で調整され、AIが1枚の最適品質の画像を生成します。 


また専用の広角レンズを取り付けることで通常よりも広く撮影できます。


データはクラウド上で管理されるので、保存枚数は無制限。お手持ちのスマホやPCからダウンロード可能です。


360°画像だけではなく、静止画を撮影することも可能で、ポータルサイトに掲載する写真も同時に撮影することができます。


作成されたVRコンテンツには静止画やテキストを埋め込めるので、情報ポータルとしても活用できます。


リコーのTHETAという専用カメラにも対応しており、データを管理することができます。


スマホで簡単VR”Nodal view” 

Nodal viewについて詳細を知りたい方はこちらをクリック!

https://www.crasco-consul.com/nodalview 

4.ナーブ

ナーブは不動産だけでなく、レジャー、ブライダルなど幅広い業種をターゲットにしたVRサービスを展開しています。


独自の撮影アプリがあり、そこからVRクラウド上にデータを蓄積することで管理・編集を行えます。


撮影機材は主にリコーのシータに対応しており、新しいシータが発売されるたびに都度対応できる様バージョンアップが行われています。


VRクラウドの基本料金とは別にVRパノラマをWEBに掲載するのに別途料金がかかります。


また、VRの撮影代行を行ってくれるサービスもあります。


ビジネスVRの先駆者”ナーブ” ナーブについて詳細を知りたい方はこちらをクリック!

 https://www.nurve.jp/


まとめ

VR内見システムを使えば、新築・中古物件の売買や賃貸物件の内見が、家や事務所で手軽に行えるので非常に便利です。


お部屋探しが難しい、遠方にお住まいの方や忙しい方だけでなく、「内見する手間を省きたい」という方も増えています。


加えて、IT重説を導入すれば、非対面で物件を借りることも可能になります。


VR内見の導入にあたっては、費用や機能はもちろん、会社の規模や取扱い物件数などを踏まえて、よく検討してください。


他社との差別化や顧客サービスにおいて、VR内見サービスを導入する企業は今後も増えていくのではないでしょうか。


差別化を図れるだけでなく、コロナ対策にも効果を発揮するVR内見。


ぜひ、あなたの会社が行っている事業、規模などを考慮してそれにあったサービスを探してみて欲しいと思います。


そして、導入を前向きに検討し、これからの事業に活かしていただければと思います。




メルマガ登録

資料請求



不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!


まずはこの資料から!

【賃貸】リモート営業が苦手な人のためのWeb接客入門書


※フォーム送信完了画面に、資料のDLリンクを貼付しておりますので、必ずダウンロードください。


 

事前の告知なくダウンロード期間が終了する可能性がございます。

気になる方はお早めに資料のダウンロードをお願いします!


おすすめ記事