検索ボタン
TOP > ビジネス  > デジタルシフトで経営改善が進む会社と進まない会社の違い。

デジタルシフトで経営改善が進む会社と進まない会社の違い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルシフトで経営改善が進む会社と進まない会社の違い。


デジタルシフトで経営改善が進む会社と進まない会社の違いを解説!

今回は、様々な企業に不動産テックを提供しているからこそ分かる、デジタルシフトで経営改善が進む会社と進まない会社のポイントについてご紹介させて頂きます。


<目次>


不動産テックを活用しデジタルシフトで経営改善が進まない会社
不動産テックを活用しデジタルシフトで経営改善が進む会社
終わりに


不動産テックを活用したデジタルシフトで経営改善が進まない会社

デジタルシフトをなしたからといって必ずしも経営改善が進むとは限りません。

経営改善はトップ層やマネージャーの質に左右され、具体的な行動に落とし込めていなければ改善はされません。


よくあるのが、経営改善の案は考えてあるのに現場に浸透しておらず、行動できていないというものです。

現場が忙しく、進み具合が遅れることはマネージメント力の欠如が原因になっていることが考えられます。 

気がつけば何もやっていないという状況もよくあります。

実際に業務を行うのはプレイヤー(一般社員)なので、そういった人たちに働きかける力が弱いとデジタルシフトを行っても経営改善は進まないでしょう。


不動産テックを活用したデジタルシフトで経営改善が進む会社

経営改善が進む会社のポイントは次の3つです。


☆POINT.1 指示を出すトップが「業務をやり切る」意思決定と現場への動機付けを行っている。
☆POINT.2 マネージャーが理解した上で現場を動かす力があるかの見極めができている。
☆POINT.3 マネージャーが内容を理解して実際に現場を動かせていること。


この3つのポイントがしっかりとできている会社はどんなテクノロジーや不動産テックを導入しても、デジタルシフトをしても成功しています。

まずはどういった改善をするか考える前に、トップ層・マネージャーが意識を変えていく必要があるのではないでしょうか。


終わりに

トータル的に言えることとして、会社は99%社長で決まると言われています。

経営者自身がデジタルシフトをする上で、熱い思いを持ち、現場と関わっていくことが必要となってくるのではないでしょうか。

熱い気持ちがあり現場を巻き込み動かすトップの力が1番のポイントとなります。 

是非ともこれから不動産テックの活用やデジタルシフトや業務改善、経営改善を行う際は参考にしていただければと思います。


更に詳しい内容を動画で解説させて頂いておりますので是非ともご覧ください。

☆デジタルシフトで未来を切り開く!!不動産テック商品サイト

〇不動産・リフォーム業界をテクノロジーで変える|不動産テックのTATSUJIN 

https://tatsujin.tech/

〇【期間限定】無料WEB面談実施中!!お気軽にご相談ください。

https://tatsujin.tech/campaign02/





おすすめ記事