検索ボタン
TOP > ビジネス  > 働き方改革|売れる脳科学から学ぶマーケティング戦略

働き方改革|売れる脳科学から学ぶマーケティング戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方改革|売れる脳科学から学ぶマーケティング戦略


働き方改革|売れる脳科学から学ぶマーケティング戦略

今回、ご紹介させて頂くのは「売れる脳科学」



 【紹介書籍】売れる脳科学


6つの刺激を利用すれば電子脳を説得できるといった内容をご紹介させて頂きます。

是非とも働き方改革の一環として取り入れてみてください!!


 マーケティングポイント1

▼脳を説得するには個人に対する「刺激」が大事

説得したい相手を中心に考えることを心がけましょう。 

その相手にマッチしたコピーライティングを意識し刺激(発信)していきます。 

そのお客様が求めること、不安に感じていることを一つ一つ解決してくことを考えて脳を刺激していきましょう。


 マーケティングポイント2

 ▼対比できる「刺激」

 人は対象そのものからは「喜び」を見出すことが出来ない。

 対比によってのみ「喜び」を感じることができるといったことが述べられています。 

しっかりライバルとなるものと比較し、対比させることでお客様に「刺激」を与えることが出来ます。

対比をしっかりと広告に入れていきましょう。

人はたくさんの商品のものと比較したいと思い間違いですが、あまりに沢山あると選択のパラドックスに陥りがちになってしまいます。 

「対比」といえど選択肢はわかりやすく、シンプルにしてあげましょう。


 マーケティングポイント3

▼具体的な「刺激」

 脳はエネルギーの無駄使いをしません。

 脳の仕組みとして脳はエネルギーを無駄にしてまで物事を考えません。

 具体的なメッセージを考え伝えていくことで直接脳に刺激を与えることが出来ます。


 マーケティングポイント4

▼感情的な「刺激」 感情に訴えるようなコピーライティングを考えることが大事。 

人は感情的に物事を捉えた上で、「理性的」に判断する生き物です。

 まずは感情的に訴えることを意識したコピーライティングを考えてみましょう。

以上、「売れる脳科学」より働き方改革に取り入れてみる価値ありのオススメしたいポイントでした!


 働き方改革の一環としてマーケティングやセールに役立つ情報満載なので是非ともご一読ください!!





おすすめ記事