検索ボタン
TOP > お役立ち情報  > 社内をピカピカに保つための秘密の壁とは?

社内をピカピカに保つための秘密の壁とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
社内をピカピカに保つための秘密の壁とは?

仕事をしている上で様々な方とお会いする機会がありますが、仕事ができる人や役職についている方は、「今日のスーツおしゃれですね」「シャツとスーツ、とてもあってるね」など、相手の「見た目」に対してとても関心を示されます。


そして、そういった方々は、スーツにはシワがなく、靴は手入れが行き届いているなど、着ているモノやデザインだけではなく、お手入れも行き届いていて、とても清潔感がある印象を受けることが多いです。


「見た目」とはとても大切なもの。それは「人」だけではなく「企業」でも同じです。

企業の見た目でいうと、当然会社の内外装の素材やデザイン性も大切ですが、単に良いものを使っている、デザイン性が優れているということではなく、「お手入れがしっかり行き届いている」という面がとても大切だと、クラスコでは考えています。


 お客様やオーナー様、クライアントが会社にお越しになった際、壁や床などにホコリや汚れが目立つ会社、掃除が行き届いていてキレイな会社、どちらの会社に仕事をお願いしたいと思うでしょうか。もちろん後者ですよね。



今回は、そんなクラスコの綺麗さを助けてくれる壁紙をご紹介します。

クラスコの本社のほとんどの壁には、「タフクロス」というものを使用しています。

タフクロスというのは耐久性の高い部材を使ったクロスで傷や汚れに強いのが特徴です。


こちらがタフクロスを使った壁。

白い壁はどうしても汚れが目立ちやすいですが、汚れに強いタフクロスのおかげできれいな白い壁を維持できています。

壁にペンをすってしまった!こんな汚れ、普通の壁ならなかなか綺麗には取れませんよね。


しかし、タフクロスなら・・・

洗剤をシュッと一吹き。


たわしで擦ると・・・

きれいな白い壁に元通り。


しかもたわしで擦っても傷などはほとんどつきません。


実際に会社で使用し、効果を感じているからこそ、オーナー様の所有物件にも自信を持ってタフクロスの提案を行なっています。


汚れを落としやすくて掃除に手間がかからない。キズに強いので少しモノをぶつけたり引っ掻いても大丈夫なため「綺麗な部屋を維持できる」と、オーナー様、入居者様にも好評の声をいただいています。

 

タフクロスの導入、とてもおすすめです。






おすすめ記事