検索ボタン
TOP > マーケティング  > 今、注目のMEO対策

今、注目のMEO対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、注目のMEO対策

不動産屋さんへ物件探しへ行っても同じ物件が見つかるようになった現在、たとえ店舗内のきれいなレイアウトや、お客様のニーズに合わせて適切な物件を提供しても、お店に人が来なければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

扱う物件自体にそれほど差がない不動産仲介業においては、集客・PR方法が特に大切な要素となります。

集客方法といってもHP、SNS、ポータルサイト、チラシなど様々ですが、今回はその一つであるMEOについてご紹介します。


<目次>
MEO(Map Engine Optimization)とは
MEO対策はなぜ必要なのか
MEO対策におけるローカル検索での掲載順位
 関連性
 距離
 知名度
MEO対策で上位表示を目指す
 Googleマイビジネスに登録する
 統一した情報
 詳細な情報
 クチコミの返信・評価
 写真の充実
まとめ


MEO(Map Engine Optimization)とは

MEOは「Map Engine Optimization」の略で、簡単にいうとGoogle mapの最適化という意味です。

ローカル検索でGoogle マップの上位に表示させる取り組みのことをMEO(Map Engine Optimization)と呼びます。

店舗を検索する際にGoogle mapを利用することは当たり前の時代になってきましたが、店舗を検索した際に情報が全くの掲載されていなかったり、どのようなお店なのか分かりづらいことはありませんか。

店舗の情報が正確でないと集客につながらず、反対に客足が遠のいてしまうことがあります。

例えば、「地方に転勤になり地元の不動産屋で物件を探す」ことになると「地名+賃貸」で検索することがあります。

このような地域に関連性のあるキーワードで検索することを「ローカル検索」と呼びます。

このようにGoogleは、ユーザーの現在地に合わせた情報を表示することでユーザーの検索の利便性を高めています。


MEO対策はなぜ必要なのか

MEOが注目されるようになった背景にはスマートフォンの普及によるユーザの行動変化があります。

スマートフォンの位置情報を利用し、外出先で飲食店や施設を検索することが当たり前になりました。

今すぐ行動を起こしたい、と店舗や施設に行く前提で検索しているので、ユーザの意欲や動機も高く、MEO対策をすることで近くにいる見込み客を集客できる可能性が高まります。

さらにMEOはGoogle検索の中で一番上に表示され、さらに文章だけではなく写真とマップ上にマークされた状態で表示されるので視認性も高く目立ちます。

上位に表示される店舗は3店舗です。

MEOMEO対策  

Google マップの上位に表示し、ファーストビュー(検索画面の一番最初に表示される画面)に表示することができれば、高い集客力が期待できます。

これはパソコンの検索結果だけではなく、スマートフォンでも同様です。

実店舗をもつビジネスおいてMEO対策は有効な集客方法です。

MEO対策が集客率を大きく左右する要素になり、重要なマーケティング戦略のひとつとなります。


MEO対策におけるローカル検索での掲載順位

関連性

検索キーワードとGoogleマイビジネスの情報の関連性が強いほど、高く評価されます。

例えば「金沢市 不動産」で上位表示させたいと考えていても、住所の掲載が加賀地方であれば関連性が低いと判断されてしまいます。

関連性のない写真や、文章を載せることも関連性が低いと判断され、また情報が全くないというのも効果がありません。

Googleに関連性を的確に判断してもらえるよう、正確で細かく、充分な情報をGoogleマイビジネスに登録する必要があります。


距離

検索キーワードで指定された場所からの距離が近いほど高く評価されます。

地域が指定されていない場合はユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算され、ローカル検索結果に反映されます。

近くにいるユーザーにアプローチをするためにも、Googleマイビジネスに適切な住所を登録しておきましょう。


知名度

知名度とは、オフライン上、オンライン上のどちらもの意味を指します。

オンライン上での知名度はWeb上のリンク・記事・店舗一覧といった情報や、Googleの口コミ・スコアの情報も考慮して掲載順位を決定します。

オフライン上で言うと、例えば、多くの人に知られているような有名なホテル、美術館、飲食店などはローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。


MEO対策で上位表示を目指す

Googleマイビジネスに登録する

MEO対策を始めるには、まずGoogleマイビジネスに登録しましょう。

Googleマイビジネスに登録するとGoogle検索やGoogleマップ上に、住所や電話番号、口コミなどのビジネス情報を写真と共に表示させることができます。

これがなければ何も始まりません。

MEO検索の結果で上位に表示されるのはWebサイトではありません。

地図、店舗、施設情報が表示され、これらの情報はGoogleが提供する無料ツールである「Google マイビジネス」で登録すると表示されるものです。

つまりMEO対策とは、Google マイビジネスの検索順位を高めるための取り組みということになりますので、まずはGoogleマイビジネスへの登録が前提となります。


統一した情報

例えば、店舗名や会社名、住所などは同じ項目を指していても異なる表記で登録してしまうと検索エンジンは同じ情報だと認識しません

「株式会社〇〇」と(株)〇〇では意味が同じでも表記が違います。

全角半角・カタカナひらがな・スペースに至るまで一字一句統一した表記で登録することでGoogleが同じ項目の情報だと認識しやすくなります。


詳しい情報

住所や電話番号はもちろんですが、カテゴリ、営業時間など記載できる情報は全て記載します。

祝日や臨時休業などの特別営業時間も定期的に更新することで、今現在の新しい情報だと分かる上に、ユーザーは店舗に来店しやすくなります。

登録されているビジネス情報が多いほど関連性の精度が高まります。


口コミの返信・評価

Googleマイビジネスには、ユーザーがクチコミを投稿することができます。

クチコミの評価が掲載順位に関係し、良い口コミがあれば評価が高くなりますが、悪いクチコミがつくこともあります。

良い口コミだけに返信するのではなく、悪い口コミにも真摯に対応しましょう。


写真の充実

店舗やサービスのイメージにもなりますので、写真は充実させましょう。

写真の印象で店舗への集客が決まる場合もありますので、見栄えの良い写真を複数掲載しましょう。

店舗の外観写真だけでなく、内装の写真や周辺の雰囲気が分かると集客にもつながりますし、店舗を探す際の目印にもなります。


まとめ

MEO対策に限らず、SNSなどの多様なツールを使い、集客に繋げ知名度を上げることは必然と行われてきています。

不動産業界でも多様なツールを使いこなし、競合他社と差をつける動きは既に、必要となってきているでしょう。

今までの集客方法でいい、のではなく常にアンテナを張り多くの方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ローカル検索の需要が高まっている今、ビジネス情報をより多く露出することは、集客に繋がる大きな施策となります。

MEO対策を既に行なっている会社も、自社の情報がどう表示されているのかぜひ確認して対策してみてください。









おすすめ記事