検索ボタン
TOP > イベント/ セミナー  > 原状回復の新常識

原状回復の新常識

このエントリーをはてなブックマークに追加
原状回復の新常識

月イチ!!SWITCH

毎週火曜日配信となった月イチスイッチ。

4月の月イチスイッチは、原状回復の新常識をお伝えします。

集客や成約率に大きく関わる原状回は賃貸管理会社にとって一番重要になる仕事といえるでしょう。

弊社では、原状回復にリノベーション要素を取り入れた、唯一無二の提案を行っています。

全国の賃貸管理会社様に是非聞いてほしいデザイナー×チームリーダーの特別対談は必見です‼︎


<目次>
原状回復課ではない「決まる部屋づくり課」
原状回復以上リノベ未満の施工事例
 建具を生かしたお部屋
 デザイナーベタ褒め空間
原状回復のポイント
 エアコン・照明・天井クロス
 配色・デザインセンス
まとめ


原状回復課ではない「決まる部屋づくり課」

原状回復 リノベ(左)デザイナー武部(右)チームリーダー宮越 

クラスコデザイナー武部:お部屋を作るという意味では同じ仕事ですが、リノベーションと原状回復では名前も違いますし、提携している業者も違います。

元々の原状回復課という名前から決まる部屋づくり課という名前に変わりましたが、その違いは何かを聞きたいです。


決まる部屋づくりチームリーダー

宮越:原状回復というのは例えば壁紙が傷ついていたら貼り替えたり、元の部屋に戻すという意味になってしまうのですが、決まる部屋づくりという意味でいうと原状回復をオーナーに提案する際に人気設備も一緒に提案させていただきます。

元に戻すだけですと年月が経つにつれ古くなってしまい、お部屋も決まりにくくなりますので原状回復プラス提案を重視しています。


クラスコデザイナー武部:傷や汚れを修復するだけでなく、選ばれるお部屋に変えるということですね。

それによって点検内容も変わりますか。


決まる部屋づくりチームリーダー

宮越:点検する時に見る場所が変わりました。

今までは傷や汚れを探すという点検でしたが、オーナーに提案する内容を考えながら点検するようになりました。

具体的に言うとお部屋の扉の色や設備を含めて、現地でオーナーに提案するイメージを膨らまして点検しています。

今ある建具の色や巾木の色に合うように提案しなければ、折角新しいものに変えても違和感が残ってしまうのでそこは点検の際に、本当に気をつけて点検しています。

武部さんにもよく相談に乗ってもらっています。

武部さんに床材を相談した時に、建具とお部屋全体の写真をくださいと言われたんですが、最初はなぜその写真が必要なのか分からなかったんです。

やっと最近その意味が分かってきました。

例えば扉の色と床の色があまりにも違っていたら違和感があります。

そういったことは、他部署とお話することで気付く点が多くあります。


原状回復以上リノベ未満の施工事例

建具を生かしたお部屋

原状回復 リノベアバンギャルドで建具を生かす 

クラスコデザイナー武部:こちらのお部屋はオーナーからの要望でリビングはダウンライトにして、天井と壁一面にアクセントクロスを貼りました。

建具は既存で残しましたが、全体の雰囲気は合うようにしました。

床を選ぶ時に少しやりすぎかなと悩みましたが、1週間ほどで次の入居者が決まったので安心しました。

オーナーの世代からすれば少しアバンギャルドな床材だと思いましたが、すぐに入居が決まったこともあってプラスのイメージになったそうです。

床材を間違えていたら建具が浮いて気になりますので、許容範囲がどこまでかということですね。


デザイナーベタ褒め空間

原状回復 リノベシェルフリー(可動棚)×アクセントクロス 

決まる部屋づくりチームリーダー

宮越:この部屋は1Kの単身者用のアパートなんですが、シェルフリー(可動棚)を付けなければこの色のクロスにはしませんでした。

シェルフリー(可動棚)があるので色の強いクロスを持ってくることでお部屋全体が映えるかと思い、フォトステをしてもとても格好良いお部屋になります。

シェルフリー(可動棚)とアクセントクロスの提案は積極的に選ばれています。


原状回復のポイント

原状回復でどう変える?

エアコン・照明・天井クロス

クラスコデザイナー武部:物件に入った時に、パッと目に付くのは古いエアコンですね。

古いエアコンの交換は絶対条件かと思います。

あとは、なかなか張り替える機会のない天井のクロスの色の違いや、古いデザインの照明もポイントです。

天井クロスの張り替えであれば合わせて照明交換の提案を、照明交換であればカラークロスの提案を合わせて行います。


配色・デザインのセンス

クラスコデザイナー武部:よく見ると、キッチンの扉が白と水色の二色なんです。

キッチン交換が理想ですが、費用もありますので迷うところではあります。

キッチンタイルもよく見ると水色なので色を扉の色をどのように合わせるか迷いますね。

白もありがちですが、鮮やかさを抑えたネイビーもありだと思います。

これをすると今度は床と合うのかという問題もありますので、タイルも含めたキッチンの交換が理想ではあります。

カラーをコンセプトにした13色展開のローコストリノベーション「Renottacolors」というパッケージ商品は非常にオーナーに提案しやすいですしね。

詳しくはこちら▶︎ Renottacolors

       ▶︎Renotta HP


まとめ

原状回復にリノベーション要素を取り入れた、唯一無二の提案は新しいかもしれません。

デザイナー×チームリーダーの「決まる原状回復」後編も要チェックです!




【5社限定】クラスコでは代表小村による無料コンサルティングを行います。

限定5社となりますので、採用活動にブランディングを取り入れたいと思う企業はお早めにお申し込み下さい。コンサル 採用力オンライン開催決定 

▶︎5社限定無料コンサルティング

▶︎「採用を強くする攻略本」無料DL

5月末まで無料配布中ですので、是非チェックして下さい!




不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

Renotta(リノッタ)の全てが分かる1冊!


一戸一絵のリノベーションブランドRenotta無料ガイドブックプレゼント中!




おすすめ記事