検索ボタン
TOP > イベント/ セミナー  > 【反響20倍を実現】バーチャル内見ツール大公開オンラインセミナー開催

【反響20倍を実現】バーチャル内見ツール大公開オンラインセミナー開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
【反響20倍を実現】バーチャル内見ツール大公開オンラインセミナー開催


【反響20倍】実例公開!

・非対面接客、バーチャル案内の構築に取り組んで行きたい方。

・新生活様式に合わせた接客、案内方法に悩んでいる方。

・物件写真撮影のクオリティを上げたい方。

今回は、バーチャル内見ツールを活用したオープンハウスで、反響20倍を実現した事例を大公開します!


〈目次〉

オープンハウスをバーチャルで体験!

反響獲得に直結!【バーチャル内見アプリNodalView】

ーバーチャルなのに圧倒的な画質の美しさ

ーNodalViewフォトプラン3つのポイント

ーNodalViewのバーチャルプラン活用

ーNodalView海外広告事例

まとめ


オープンハウスをバーチャルで体験!

オープンハウスというと、通常では9組ほど、、、ですが、今回、行った「バーチャルオープンハウス」では190組のお客様にご参加頂くことができました!

直接会うことなく、密にならず、混雑防ぎながら、反響を20倍獲得出来たことには理由があります


反響20倍獲得のオープンハウス


反響に直結!【バーチャル内見アプリNodalView】

NodalViewとは、欧州を中心に世界20カ国で利用されている、バーチャル内見アプリです。

写真撮影、動画撮影だけでなく、360°超高画質カメラも搭載されており、まるで、お部屋にいるかのように360°ぐるりと移動することができ、大注目されています


▼画像クリックでNodalView体験

Nodal view体験 



ーバーチャルなのに圧倒的な画質の美しさ


・10K超高画質

・AI自動補正

・プロクオリティの仕上がり

なんといっても特徴的なのは、従来のカメラとは比較にならないほど美しい画質です。

鮮やかに細部までを映し出し、使用されている照明の表情までしっかり再現されます。

物件撮影にありがちな、窓の外の白飛びを防ぎ、窓の外の景色までくっきり鮮やかに映し出すことができます。

また、暗くなりやすい箇所はAIの自動補正によりきれいな色合いを再現できます。

白飛びせずくっきり鮮明な超高画質360°カメラ

食器からお皿の上の素材までくっきり!



ーNodalViewフォトプラン3つのポイント


撮影に必要なものはたったこれだけです。

重たい一眼レフカメラを持ち歩く必要はなく、スマホで簡単に撮影できます。
誰でも、スマホで、カンタン撮影

 

1,三脚に設置して、水平を合わせるだけ

Nodal Viewは撮影する際に画面に水平水準のガイドラインが現れるので、それに合わせるだけで簡単に安定して見栄えの良い物件写真が撮影可能です。

水平に合わせるだけ 


2,AIの自動補正機能で窓の外も中もきれいに

明るさの違う写真を最大11枚撮影した後、AIが明るさを最適化し室内も外のロケーションもどちらもちょうどよい明るさに自動で調整します。

AIが最適品質な画像を生成します。

AIの自動補正 


3,超広角なのに歪まない、高性能レンズ

広角レンズをつけることで画角が広くとれ、普通のカメラで撮影するよりも、物件をより広く見せることができます。

Nodal Viewでは専用のスマホカバーとレンズを取り付けることで、スマホでも簡単に広角で写真を撮ることができます。

歪まない広角レンズ 



ーNodalViewバーチャルプラン活用


一般的なバーチャル内見ツアーの作成には、撮影用にキットを購入し(高額)、360°をつなげるためのサービスを別で契約します。

しかし、NodalViewは手持ちのスマートフォンで撮影できます。

アクセサリのみ購入するだけで、同アプリ上で内見ツアーまで作成可能です。

キットの比較 

①URLで拡散

リンクを知るPC、スマホで視聴、操作が可能になります。

②Live機能で双方向操作が可能

リンク先を知る2人以上がツアー画像を動かすことができるのでオンライン接客が可能になります。

③オンライン内見をした人を分析

いつ、何人がこのツアーを見たのか、年齢層やリンク元ごとの内見件数まで分析が可能です。

QRコードをつけたチラシを配れば、チラシ何枚で何人の人に興味を持ってもらえたかが分析できます。

圧倒的に美しいバーチャル体験が可能圧倒的に美しいバーチャル体験が可能 

10K&AI自動画像補正による綺麗な画質で圧倒的に美しいバーチャル体験ができます。

室内はもちろん、玄関までの画像を撮影してツアーを作成することで、より実際の現地内見に近い形で、お客様にバーチャル内見を楽しんでいただくことができます。

AIが明度差で距離を自動感知し、最適な調整を行うため、室内外ともにハレーションなしの鮮明な仕上がりになります。



ーNodalView海外広告事例


海外の代理店での事例になります。

代理店A(AGENCE A)は、NodalViewを使用、代理店B(AGENCE B)は別のカメラを使い、同じ物件を撮影しました。

代理店A(AGENCE A)は、キレイにくっきり撮影できていますが、代理店B(AGENCE B)は、ハレーションがおきてしまっています。

このときのアクセス数は約8倍の差が出ました。

アクセス数に約8倍の差 


まとめ

バーチャル案内が主流になると、撮影画像の画質や使い勝手がとても重要視されます。

通常のオープンハウスよりも、気軽に参加できるために反響数の伸びに繋がったのではないでしょうか。

NodalViewを使用し、高画質でリアリティのある空間を提供してみませんか。





不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

バーチャル内見作成スマホアプリ‎|Nodal View

外出自粛期間でもバーチャルオープンルーム開催で、反響20倍獲得。非対面接客へのモデルチェンジ。全国メディアで話題沸騰の360°バーチャル内見を撮影できるスマホアプリが日本初上陸。 2ヶ月無料キャンペーン中・在庫100台限り!

おすすめ記事