検索ボタン
TOP > 賃貸  > アフターコロナの不動産営業

アフターコロナの不動産営業

このエントリーをはてなブックマークに追加
アフターコロナの不動産営業


アフターコロナで導入すべき不動産営業方法をご紹介!

コロナの感染拡大が一段落つき、外出自粛も解けて、日本ではアフターコロナにシフトしつつあります。

コロナ真っ只中の不動産業界では内見や来店のキャンセルが相次ぎ、集客率・成約率共に大きく落ち込みました。

一区切りがついた今、下がった売り上げをコロナ以前と同じ、もしくはそれ以上にするために動き出し始める必要があります。

今回は、アフターコロナにおいて有効な不動産営業方法をご紹介します。


<目次>


アフターコロナの営業方法
ー WEB接客
ー IT重説
ー VR内見
まとめ


アフターコロナの営業方法


ー WEB接客


コロナ騒動が一息ついたとは言え、第二波が来ることも予想されるので、未だ多くの人が他人との濃厚接触を避けています。

つまり、人と会わずに営業をするということがこれからますます重要となってきます。


不動産業であれば、お部屋探しの相談から契約までお客様に来店していただいてスタッフが対面で行うのが普通でした。

これからはインターネットを介しWEB上で接客を行うことが不動産を取り扱う上での要となってくるでしょう。


WEB接客とは今話題のビデオ会議ツール「ZOOM」などを使い、お客様と画面越しに顔を合わせてお部屋探しのお手伝いをすることを指します。

遠方のお客様だけでなく、人との接触をためらわれているお客様に対しても効果的に営業を行うことができます。

営業スタッフはお出迎えの準備などが必要なくなるので、その時間を他に充てることができるようになります。



ー VR内見


VR内見 

アフターコロナの営業方法:VR内見


コロナが落ち着いてくると、今までの反動で仕事が忙しくなる人は多いと思います。

ということは、物件を探す際もできるだけ時間を使わなくていいようにWEBで検索し、そこでほとんど住む物件を決めてしまった後、不動産会社に連絡をするという人が増えてきます。

これからはよりWEB上で他の会社・物件との差別化を行わなければ集客率を上げることはできなくなっていきます。


そこで簡単にWEB上で差別化を行う方法がVR内見です。

VR内見とは、360°パノラマ画像を組み合わせることで、実際に現地に行かずに、あたかも物件を自分で歩いているような体験ができる新しい内見手法です。

不動産の店舗でVRゴーグルをつけて行う場合もありますが、現在はVRのツアーを普通の画像のようにホームページ上に載せ、スマホやPCで簡単に体験ができるようになっています。


物件の写真しか載っていない不動産会社と自分で手軽に内見ができる不動産会社とでは集客率がまるで違います。

VR内見は物件を魅力的に見せるだけでなく、その物件を扱っている不動産会社の好感度も上げてくれることになります。



ー IT重説


IT重説とは、ビデオ通話などオンラインでお客様に物件に関する重要事項の説明を行うことです。

不動産会社にお勤めの方ならほとんどの方が知っていると思われるIT重説ですが、取り入れている会社自体はほんのわずかです。

IT重説を取り入れることによって、来店する時間が取れなかったり人との接触を控え来店をためらうお客様に対しても重説を行えるようになります。


また、重説で使用する書類なども郵送でやり取りすることで、お客様としてはいちいち来店する煩わしさがなくなります。

お客様側からすると移動にかかる時間・費用のコストを抑えることができ、日程調整もスムーズに行える利点があります。

スタッフとしてもIT重説で録音データを残しておけば、お客様とのトラブルが起きた際の「言った言わない」を避けることができますし、管理者がスタッフの対応をチェックする際にも活用できます。


まとめ

コロナを経験したことで、お客様のお部屋探しの仕方も少しづつ変わっていくことが予想されます。

それに対応していかなければ、集客率・成約率を上げて売り上げを伸ばすことは難しいです。

他の不動産会社と差をつけるためにもアフターコロナ対策にいち早く乗り出し、先行者利益を獲得できるようにしていきましょう。





不動産会社の課題が解決できる!資料無料ダウンロードキャンペーン中!!

バーチャル内見作成スマホアプリ‎|Nodal View

外出自粛期間でもバーチャルオープンルーム開催で、反響20倍獲得。非対面接客へのモデルチェンジ。全国メディアで話題沸騰の360°バーチャル内見を撮影できるスマホアプリが日本初上陸。 2ヶ月無料キャンペーン中・在庫100台限り!

おすすめ記事