働き方改革で仕事を楽しもう!

働き方ノウハウ  > 社内サーバの時代は終了?〇〇でお手軽・安全にファイル共有

社内サーバの時代は終了?〇〇でお手軽・安全にファイル共有

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業によっては厳格な運用ポリシーを決められていたり、自由だったりもすると思いますが、ファイルサーバーを利用されている企業が多いことと思います。

特に不動産会社では自社ファイルサーバーを社内に持たれている企業も多く、その中で大事な情報やデータを保管されているのではないでしょうか。

ただ、ファイルサーバーだと外からのファイルアクセスができなかったりと何かと不便を感じることが多い時代になってきたなと感じます。

そこで最近注目されているのが…クラウドサーバー・ストレージです。


近年ではクラウドサーバーでのファイル管理を導入されている企業も増えてきて、導入の敷居も低くなり社内利用がかなり現実的になりました。


さて、本記事ではそんなクラウドサーバー・ストレージの活用方法と注意点についてご紹介いたします。


まず、どんなクラウドストレージがあるのでしょう?

企業向けにリリースされている主要なものを数点ピックアップしました。


  1. ・Dropbox Business

  2. ・Google Drive(G Suite版)

  3. ・Box



実際に使ってみてそれぞれの主な特徴をまとめてみました。





Dropbox Business

https://www.dropbox.com/ja/business


個人での利用をされている方も多いDropboxの企業向けプランです。

もうすでに個別に契約利用されているのであれば、使い方や画面・アプリにも違和感なくスムーズに社内利用が可能だと思います。

ただし、企業での利用を想定すると少しセキュリティ・運用管理面での機能が足りない印象で、実際に使えるのは中小規模の企業まで、もしくは部署・チーム内での利用が現実的かもしれません。










Google Drive(G Suite版)

https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/drive/


Googleのビジネス版とも言うべきG Suiteを導入されている企業であれば、Googleドライブを使わない手はありません。なんといっても魅力なのは1ユーザーあたり月額1,200円で容量無制限という、圧倒的なストレージ容量とコストパフォーマンスです。

しかも月額1200円というのはG Suite全体の金額なので、Googleドライブ以外のツールも快適に使うことができます。ほとんどの方が個人でも使われていることもあるので、操作方法が分からないという心配もありません。









Box

http://www.box-ctc.com/


企業向けクラウドストレージの決定版とも言うべきBox。多数の有名一流企業が導入していることでも知られており、大企業での利用にも耐えられるほどの管理機能を備えています。

アプリも使いやすくできていますし、操作方法もすぐに慣れることができる洗練されたつくりです。

唯一の難点を挙げるとすれば、利用料金が他のサービスに比べて高いということです。

ただし厳格なシステム管理部を有する企業であっても、安心して導入利用ができるほどのツールであることは間違いありません。




いかがでしょうか?

クラウドストレージはこれからは避けて通れないものですし、企業としてはそのサービスの使いやすさだけでなく、信頼性・安定性といった業務インフラとしての評価も必要です。


もしご存知なかったという方は、ぜひご自身の会社にあうクラウドストレージを探してみてください。

おすすめ記事

従業員の意向を汲み取る自己申告表制度

2019.06.10

ReTech Network →「ワークサプリ」へリニューアル!

2019.06.10

【イベント告知】ハイクラス人材採用戦略「ReTech X」6/11開催!

2019.05.08

情報収集が劇的にラクになるGoogle◯◯機能

2019.04.13

誰でも簡単に動画作成できるアプリ特集

2019.04.12

観葉植物が職場にもたらす嬉しい効果

2019.04.06

広い空間での投影なら〇〇ケーブル!

2019.02.06

パート比率4割で、生産性2.2倍超を実現する働き方改革!

2018.11.14