1社では実現できない進化をReTech Networkで目指します

働き方ノウハウ  > 男性スタッフスタイルチェンジで効率化!ノウハウ

男性スタッフスタイルチェンジで効率化!ノウハウ
2018.09.21

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビやネット、雑誌の誌面でも、毎日のように「働き方改革」が叫ばれる昨今ですが、

改革による変化が一番わかりやすいのは「服装」ではないでしょうか。


仕事をする際の服装は職種や業種によって様々ですが、不動産業で言えば「男性はスーツ、女性は制服」が主流であるかと思います。


その一方で、ビジネスシーン全体を見渡すと、Cool Bizなどの効率や生産性を優先する考え方が浸透し、服装も環境やビジネスシーン、会う相手によって変えるのが当たり前になってきています。


では、いったいどのような服装が良いのでしょうか?



クラスコも、以前は男性はスーツ・女性は制服の着用をルールにしていましたが、過ごしやすさ・活動のしやすさといった点を考慮して、現在は「男性はジャケパン・女性は私服OK」というルールに変更しています。


今回は、男性のスーツ着用義務をなくし、ジャケパンOKというルールに変更したことについてお話していきたいと思います。




ジャケパンとは「ジャケット&パンツ」のことで、これまで男性社員の服装の主流とされてきたセットアップ(上下揃い)のスーツではなく、ジャケットとパンツを上下で異なるもので組み合わせるスタイルを指します。



ジャケパンスタイルの主なメリット


・スーツに比べて様式の縛りが少なく、伸縮性や通気性に優れた素材のものが多い

薄手のジャケットや厚手のジャケット、スラックスやチノパンなどをTPOに合わせて選ぶことができ、動きやすさや過ごしやすさが格段に向上しました。

また、季節ごとの暑さ・寒さにも対応がしやすく、業務の効率に大きな影響を与えています。


・パンツが傷んでしまってもジャケットを使い続けることができる

スーツはジャケットより、パンツの方が傷むのが早いです。セットのスーツを購入し、ジャケットだけ残ってしまった・・・という経験はありませんか?

ジャケパンだと、そういったことが起こりません。パンツの替えが効くので、とても経済的です。


・デザインや価格のバリエーションが豊富

色、素材、柄、形などのバリエーション非常に豊富です。そのため、コーディネートの幅が広がります。


しかし、注意が必要な点もあります。

色、素材、柄を考えてコーディネートしなければなりません。

自由度が高い分、この組み合わせやTPOを間違えるとせっかくのジャケパンルックも台無しになってしまいます。



社員からも「楽になった!」「おしゃれに見られる!」という声が多く聞かれ、評判が良いです。ぜひみなさんも取り入れてみてはいかがでしょうか?


別記事で、女性の私服着用についてもお話したいと思います。

おすすめ記事

パート比率4割で、生産性2.2倍超を実現する働き方改革!

2018.11.14