検索ボタン
TOP > ビジネス  > 働き方改革で能力向上|優れたマネージャーに共通するビジネス術

働き方改革で能力向上|優れたマネージャーに共通するビジネス術

このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方改革で能力向上|優れたマネージャーに共通するビジネス術


働き方改革で能力向上

今回のテーマは「結果が出る指示の出し方」

働き方改革でココまで変わる!!マネージャーから部下への正しい指示の出し方について述べたいと思います。

指示をしているけど現場が動かない・・・

思ったようなスピードで出てこない・・・

などビジネスの中でマネージャー職の方には色んな悩みがあると思います。

そこで今回は優れたマネージャーに共通するビジネス術と題しまして、

マネージャーから部下への指示の出し方の5つのポイントをご紹介します。


〈目次〉

働き方改革|5つのポイント
働き方改革①成果物と目的の説明
働き方改革②納期の明示
働き方改革③投入時間の確認
働き方改革④権限と責任明示
働き方改革⑤協力を約束
まとめ


働き方改革|5つのポイント


ー働き方改革①成果物と目的の説明

成果物とは、工程が完了したときに成果として完成した文書類のことです。
プログラムや仕様書・設計書などの成果物を残すと、プロジェクト工程が完了したという証明ができます。

最終成果物がどのようなものか明確にし、指示した内容の目的や、どういった成果を生み出せるかを部下に説明します。

そして、成果物を管理するためのルールを作成します。

成果物はプロジェクトにおけるゴールであるため、適切に管理しなければなりません。

そのため管理するルールを作成し、プロジェクメンバーに周知することが大切です。


ー働き方改革②納期の明示

期日管理を徹底するため、「この日までに仕上げて欲しい」といったような期日を明確に示します。

ただ、納期を指示するだけでは終われません。

ギリギリまでやらない、動かない部下をもつマネジャーには1つの共通点があります。

それは指示だけで満足し、フォローがないということ。

いくつものタスクを抱え忙しいからといい、部下を放置してはいけません。

しっかりとフォローすることが必要です。


ー働き方改革③投入時間の確認

「この仕事は今日中にやってください」

「この仕事は2時間でやってください」

など大体の目安を時間や日数で伝えていきます。

ここがビジネスシーンの中で部下とマネージャーの認識の食い違いが生じやすい、一番守りたいポイントとなります。

明確な投入時間を伝えないことにより部下は「このくらい時間をかけてもいいんだ」と勘違いをしてしまい、成長を止めてしまう可能性があります。

投入時間はしっかりと伝えましょう。


ー働き方改革④権限と責任明示

権利、権限、権力と言う似たような言葉。

共通していることは、選択できる、意思決定できる、裁量を持っているということです。

その内、自分のことを自分で決められることを "権利" と呼びます。

合意と委託を得て他者の意思決定を代行すると、 "権限" と呼ばれます。

部下に対して仕事の範囲と権限・責任の明示をしっかりと行っておきます。

「ここまでの仕事はお願いするので、それ以外は相談して」

などお願いする仕事の範囲と権限を明確にしておきます。


ー働き方改革⑤協力を約束

何か困ったら「相談にのる、協力する」といった意思表示を行っておきましょう。

コミュニケーションをしっかり行い、相談しやすい環境を作ることも大切です。


以上の5つのポイントを大切にしビジネスの中に取り入れていくことで、部下は業務をスムーズに遂行することが出来、部下とマネージャーの仕事に対するギャップが小さくなりますので、より結果が変わってくる形となります。


まとめ

マネージャーの指示の出し方で仕事の結果が大きく違ってきます。

働き方改革で今以上に部下との良好な関係を築き上げ、業務の効率化を図っていきましょう!!






おすすめ記事